感性散策

「白州蒸留所」経営者見学ツアーを開催しました。

大好物の白州。どうしても「作っているリアルな現場を観てみたい」ということで、山梨県にある白州蒸溜所に行ってきました。大人の社会見学です。 発芽→糖化→発酵→樽保管→ボトリング などの過程を五感をフルに使って体感することができまし...
感性散策

PS4『ライフ・イズ・ストレンジ(LIFE IS STRANGE)』クリア。

プレステ4『ライフイズストレンジ(LIFE IS STRANGE)』ようやくクリア。 「時間を巻き戻せる」能力を持った大学生の主人公の物語。 最初はゆったり始まるも、後半になるにつれてどんどん物語に吸い込まれていく。 映画...
ゆる書評

『なぜヒトラーはノーベル平和賞候補になったのか(武田和弘著書/ビジネス社)』読了。

『なぜヒトラーはノーベル平和賞候補になったのか(武田和弘著書/ビジネス社)』を読んだ。 「ナチスは完全なる悪」と先入観で決めつけてしまうと、その裏にある大事な「背景」や「文脈(コンテクスト)」を見過ごしてしまうだろう。 世の中に...
経営のお話

『軍事のリアル (富澤暉著書・新潮新書)』読了。

『軍事のリアル (富澤暉著書・新潮新書)』を読んだ。 大変読み応えのある著書だった。本書は、元陸上自衛隊トップの幕僚長を務めた著者による、自衛隊の現場の視点から語られているリアルな軍事書。 さすが現場経験があるだけにリアルな話が...
映画好きの小言

映画『キングダム』鑑賞。

映画『キングダム』を観た。 テロのリアリティがアリアリと伝わってくる映画。 と同時に、この問題にはなかなか終わりが見えない、ということも示唆している。 世界の平和を望むなら、観ておきたい名作。 アマゾンで観る ...
経営のお話

『戦争にチャンスを与えよ (エドワードルトワック著書・奥山真司訳/文春新書)』読了。

『戦争にチャンスを与えよ (エドワードルトワック著書・奥山真司訳/文春新書)』を読んだ。 一見すると過激なタイトルに感じるだろう。 しかしながら、読み進めると論理的に納得がいく内容になっている。 誤解を恐れず、わかりやすく...
感性散策

『ノー・マンズ・ランド 西部戦線(字幕版)』鑑賞。

『ノー・マンズ・ランド 西部戦線(字幕版)』を観た。 面白いかどうか?といえば微妙だったが・・・ 観る価値はある映画だとは思う。 シナリオは1914年にフランス軍志願兵として対ドイツ西部戦線を戦い抜いた実在の人物を描いたも...
映画好きの小言

映画『T34レジェンドオブウォー』鑑賞。

映画『T34レジェンドオブウォー』観てきた。 迫力満点、手に汗握る2時間であった。 やはり、ソ連やドイツの戦車モノは迫力がある。臨場感ハンパない。 これはシーパワーの日本には決して描けない映画。 ランドパワー本場のこ...
ゆる書評

『日本4.0(エドワードルトワック著書・奥山真司訳/文春新書)』読了。

『日本4.0(エドワードルトワック著書・奥山真司訳/文春新書)』を読んだ。 大戦略家エドワードルトワック氏による日本の国家戦略論を提言した一冊であり、リアリストのリアリストによるリアリストのための書。 例えば、北朝鮮問題にどう対...
映画好きの小言

これは大傑作。 映画『グリーンブック』鑑賞。

これは大傑作! 映画『グリーンブック』 こういう感動に出逢えるから映画はたまらないですね。 黒人天才ピアニストとガサツなイタリア系白人運転手との8週間の遠征ツアーの話です。しかも実話ベース。 笑いあり、涙あり...
感性散策

映画『ゴーギャン〜タヒチ、楽園の旅〜』鑑賞。ゴーギャンを知るキッカケになる作品。

映画『ゴーギャン〜タヒチ、楽園の旅〜』をAmazonプライムで観ました。 ゴーギャンの絵に関する深い洞察が描かれているのかと思ったのですが、どちらかというとゴーギャンの人間像に焦点を当てた映画でした。 ゴーギャンを知るキッカケと...
映画好きの小言

映画『セッション』鑑賞。最悪のコーチングだが「役割」はある映画。

映画『セッション』を観ました。 レビュー評価がよかったので、期待して鑑賞。 話の大まかなあらすじは、名門音大に入学したドラマーと鬼教師の狂気のレッスンのお話です。 どのようなレッスンかというと、激しいスパルタ。近年でいうま...
感性散策

常識の壁が壊れてアイデアが次々と降ってくる?『バスキア展』鑑賞。

『バスキア展(六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー)』観てきました。 一言で言うと、思考がブツ飛びますね。正直なところ、ほとんどの絵が私ごときでは解読不能でした。 バスキアといえばZOZOの前澤さんが123億円で購入した絵が有...
映画好きの小言

映画『バスキア』を観て成り上がる臨場感を高めよう!

映画『バスキア』鑑賞。 そうです。あの話題のバスキアです! バスキアといえば前澤さんが123億円で購入した絵が有名ですね。 最初は無名の貧乏若手アーティストだったのですが、あれよあれよという間にメジャー階段を駆け上がってい...
感性散策

映画『パガニーニ』

映画『パガニーニ』をアマゾンプライムで観ました。 天才?狂気?のヴァイオリニストとして、人々の反対や批判に負けず、成功し、モテまくるお話です(しかしながら晩年は堕落していく)。 特に注目してほしいのが「セルフトーク」です。セルフ...
報告

【定例勉強会】9/29開催報告。課題図書『星の王子様(サン・テグジュペリ)』。

昨日は毎月定例「起業家のための教養塾」である創伝塾勉強会&懇親会やりました。場所は赤坂。 課題図書は『星の王子様(サン・テグジュペリ)』。 この書には仏教でいう「空」と「縁起」の思想がわかりやすく埋め込まれており、理解を...
映画好きの小言

映画『コーヒーが冷めないうちに』鑑賞。感動。

映画『コーヒーが冷めないうちに』をTSUTAYAオンラインで観ました。 どのような映画か? あるカフェのある席に座ると「行きたい時間に行ける」。ただし、過去に戻っても決して「変えられない」というルールがあるという内容。 あ...
感性散策

映画『人間失格』鑑賞。

もともと小説「人間失格」が心揺さぶる名作だったので、その映画版か?と思って映画館へ。 しかし、「人間失格」ではなく、太宰治が「人間失格」を生むまでの人生に焦点を当てた映画でした。 それが逆に良かったです。 魂揺さぶられまし...
人生のこと

「見せ方」に騙されない。(宮本武蔵『五輪書』兵法の道といふ事)

「世の中をみるに、諸芸をうり物にしたて、我が身をうり物のやうに、諸道具につけても、うり物にこしらゆる心、花実の二つにして、花よりもものすくなき所なり。」 (宮本武蔵『五輪書』兵法の道といふ事より引用) 意訳すると以下の通りです。 ...
お金の話

『日銀を知れば経済がわかる (池上彰著書/平凡社新書)』読了。

『日銀を知れば経済がわかる (池上彰著書/平凡社新書)』を読みました。 知っているようで意外と知らない「日銀」の仕組みについて、今一度、理解を深める目的で読書。 おおまかな日銀の構造や役割について、ざっくばらんに学べる良書です。...
社会のこと

『ネットで勝つ!情報リテラシー(小木曽健著書/ちくま新書)』読了。

『ネットで勝つ!情報リテラシー(小木曽健著書/ちくま新書)』を読みました。 本書は、誤解を恐れずわかりやすく説明するなら、ネット社会においての「情報とのおつきあいの仕方」を教えてくれるものです。 大きく分けて情報を「受け取る」場...
社会のこと

『事実 vs 本能 目を背けたいファクトにも理由がある(橘玲著書/集英社)』読了。

『事実 vs 本能 目を背けたいファクトにも理由がある(橘玲著書/集英社)』を読み終えました。 残酷かもしれませんが「事実」と向き合う姿勢は重要ですね。 かの有名なユリウス・カエサルもこう言っています。 「Men will...
映画好きの小言

映画『レディ・プレーヤーワン』鑑賞。

ネットフリックスで映画『レディ・プレーヤー1』を観ました。 2040年のVRの話です。VRが今より進化し、とんでもない世界になっています。 ドキドキワクワク楽しみながら観ることができました。 ただ、人類が「悟りに向かう」と...
報告

連載コラム掲載のお知らせ。『家主と地主』2019年9月号

投資家向け雑誌『家主と地主(全国賃貸住宅新聞社)』2019年9月号に連載コラムが掲載されました。 今回は第13回目になります。 テーマは「メルカリで不用品を売って利回りアップする」です。 メルカリは想像以上に活用できます。...
報告

起業家向け「ファイナンス力強化合宿」を行いました

8/24,25に熱海にて、ファイナンスや会計、経済などの知識を強化する合宿を開催しました。 1日目は「行動ファイナンス」を中心とした「右脳」からのファイナンス力強化、2日目は会計とファイナンスなどの「左脳」からのファイナンス力強化をみ...
映画好きの小言

スペインドラマ『ペーパーハウス』が面白い。

ネットフリックスで面白いドラマを発見しました。 スペインドラマ『ペーパー・ハウス』。 予想以上に面白いです。 最初、スペインドラマ?と思って舐めてましたが、第1話から引き込まれ、あっという間にシーズン1見終わりまし...
経営のお話

『アマゾン銀行が誕生する日(田中道昭著書/日経BP)』読了。銀行業界の「今」と「未来」を読み解く本。

『アマゾン銀行が誕生する日(田中道昭著書/日経BP)』を読みました。 タイトルに「アマゾン銀行」と書いてあるので、よくある「アマゾン礼賛本かな?」と思っていました。 が、「アマゾンびいき」の偏った視点ではなく、客観的な視点から銀...
映画好きの小言

映画『八日目の蝉』鑑賞。感動。超オススメ。

一言で言うとめっちゃよかったです。最後号泣。 内容はネタバレしてしまうので割愛します。 人生は一瞬一瞬かけがえのないもの。一期一会。
報告

【定例勉強会】開催報告。アダムスミス『国富論』。2019年7月開催。

昨日は主宰している「教養を学ぶための経営塾」の定例勉強会&懇親会でした。 取り上げたテーマはアダムスミス『国富論』。 先月のマルクス『資本論』と並ぶ経済学古典です。 国富論は国を富ませるにはどうしたらいいか?という...
お金の話

小説『巨大外資銀行(高杉良著書/講談社文庫)』読了。

小説『巨大外資銀行(高杉良著書/講談社文庫)』を読みました。 ストーリーの面白さもさることながら、金融業界の闇を知ることができ大変勉強になります。 題材としては、長銀(日本長期信用銀行)の話ですね。 長銀破綻に際し、外資の...
タイトルとURLをコピーしました