待つも相場。

最近、ネット麻雀にハマっている。

特に最近力を入れているのは「天鳳」というアプリ。

プロ雀士も積極的に参加していることもあり、全体的にレベルが高くて面白い。

さすが「最高峰の対戦麻雀サイト」と謳うだけある。

このアプリでは、実力を示すレートだったり、段や級が存在する。

レベルに応じて卓が分けられるのも特徴的。

しかしながら、一般卓という入門的な卓では、様々なレベルの人とマッチングする。

そこで、昨日、大変残念かつ、悔しい思いをしたことがあった。

 

まず、天鳳の最初の級は「新人」からはじまり、10級、9級、8級・・・と昇級していく。

そして、昨日は「新人」とマッチした。

麻雀は運が左右するとはいえ、当然ながら実力差が出る。

モグリの「新人」でない限りは、おそらく、勝てるだろうと判断した。

実際にゲームがはじまり、プレーを観ていても、「おいおい、ここでこんな危険牌を捨てるのかよ!」など、至る所で初心者のようだった。

しかしながら、初心者アルアルなのだが、ビギナーズラック?のためか、意外と放銃(ロンされる)がない。運が良い。

そして、速めに鳴く(チー、ポン、カン)から、打点は低いものの、たまにアガれたりする。

当然ながら、こっちはアガれなくなる。

それに対し、私は悶々としていた。

きっと実力差はあるだろうという確信はあるのに、決定的な差をつけられない。

「く、くそー!こんなハズじゃない!」と。

で、点差は4人ともあまり開くことなく、ジリジリと中盤にさしかかった。

そして、その新人さんはリーチをかけた。

たまたま私も良い手がそろっており、テンパイしていた(リーチはしていない)。

「あと一牌、狙ってるのがこればアガれる」状況である。

しかしながら、ツモったのは、狙っていない牌だった。

当然、アガるためにはその牌を捨てなければならない。

ところが、その牌は安全か?というとその保証はない。

リスクは五分五分といったところか。

もしかしたら放銃してしまうかもしれない。

が、他の牌を捨ててしまえば、アガリからは遠ざかってしまう。

どうしても勝ちたい・・・。

という欲望がまさった。

そこで、「たぶん新人さんはそこまで考えてないだろう。たぶん大丈夫だろう。」と油断した。

結果・・・

「ロン!」された。

私はショックだった。

ずっと耐えて、我慢してきたのに、「もうそろそろ大丈夫だろう」と顔を上げた瞬間、撃たれてしまったのだ。

たまたま?気を許した、たった1回の油断。

勝負はその一瞬で決まってしまった。

点差が開いた状況、しかも、なめてかっていた新人さんに付けられた点差。

だいたいこういう時は挽回できないのが勝負事である。

その後は、挽回する機会はなく、ラス(ビリ)で終局を迎えた。

 

実はこれは投資でもいえることである。

特に市況が良い時、めぼしい投資先が見当たらないことがある。

どれも上がっていて、バリュー的にうまみがない。

そんな時、人はついつい「まあこれぐらいでもいいか」と安易に投資してしまう。

リスクの計算を甘く見積もってしまう。

待つことができない。

何か行動していないと気が済まない。

そして、リスクの紐を緩めた、ふだんでは買わないであろう投資案件を、ふだん買わないタイミングで手を出し、失敗してしまう。

しかも、最悪なのは、その失点を取り返そうと無理をしてしまうことだ。

もうこうなると手が付けられない。

取り返すことなく、失敗の上塗りを重ねてしまうことになる。

「待つも相場」

とはよく言ったもので、投資でも麻雀でも・・・肝に銘じたい。

タイトルとURLをコピーしました