『架空通貨(池井戸潤著者・講談社文庫)』を読んで、仮想通貨の未来を予測する。

架空通貨(池井戸潤著者・講談社文庫)』を読みました。

現代を熱狂?させていている仮想通貨を否が応でも思い出させるタイトルです。

これがなんと2000年に書かれたのだから著者の先見の明というかセンスの良さを感じてしまいます(当時の原題は『M1』)。

内容もまさに現代の「仮想通貨」の問題の本質を物語を通してついています。

なすりつけ合い、受取拒否、ババ抜き、割引、偽札の造幣…

「幻想」が打ち破れた時に世界はどうなるのでしょうか?

決して本書を単なる作り話で終えてはいけないような気がしてなりません。

仮想通貨の未来を垣間見たい方は読んでおくことをオススメします。

ある種「真実」より「真実」を知りたい場合は、小説や物語に勝るものはないのですから。