商売繁盛のヒントになるオススメ映画『かもめ食堂』。

無料コラム

商売人ならぜひ観て欲しい映画。

それは『かもめ食堂』です。

私はAmazonプライムで鑑賞しました。

舞台はヘルシンキ。そこで小さな飲食店を始める女性のお話。

経営でうまくいくには、大きく分けて「順次戦略」と「累積戦略」を活用するのがセオリーです。参考は地政学者の奥山真司さんの書籍など。

しかし、世に出回っている多くの書籍やノウハウが、どちらか一方に偏っています。

西洋で多いのは「順次戦略」系。目標を設定せよ、イメージを明確にせよ、計画を立てよ、というのはその典型。先に目標ありき。

東洋で多いのは「累積戦略」系。ただ、ただ、ひたすらいいことを積み重ねる。無功徳で。

そうすれば、天(神や仏)が見てくれていて、うまくいったりする(この場合、利益=功徳を狙ってはならない)。

どちらが重要か?というと、どちらも重要です。

ただ、昨今の西洋資本主義の潮流が強く、どうしても「順次戦略寄り」を重視しがちです。

しかし、それだと片手落ち。

東洋思想の特徴でもある「累積戦略」も重要になってくるのです。

その累積戦略の重要性をあらためて思い出させてくれる、大変面白い映画、それが今回紹介する『かもめ食堂』です。

商売人ならぜひ一度ご鑑賞を。

Youtube予告

タイトルとURLをコピーしました