最低でも売上3倍のゴール設定をしましょう。

無料コラム

社長向け面談サービスをしていると、売上ゴールに関する話題になることがあります。

その際、「どのぐらいのゴール設定をしますか?」と聞くのですが、売上前年比20%とか、30%アップとかえってくる場合があります。

たしかに、現実的な数値ではあります。達成できそうな数字です。

しかしながら、これぐらいだと「現状の延長」なんですよね。

そうすると、潜在脳が活性化されません。

眠っている脳が動き出さないのです。

 

なので、わたしは面談の際こう聞きます。

「たとえばですよ?

売上3倍にするには、どうしたらいいでしょうか?」など。

こう聞くと、だいたいの社長さんは「へ?」と驚いたり、「そんなのは無理だ」というような顔をされます。最初は。

ところが、「妄想でもいいので」とか「いえいえ、あくまでも仮にです。」などとお伝えすると、「うーん」とうなりながら考え始めます。

こうして、眠っている潜在脳が、ムクムク!っと高速回転しはじめるわけです。

とにかく、「もしも達成できるとしたら?」と、まず想像してみる。

 

この場合、現状のやり方の延長では達成できないでしょう。

なので、眠っている脳が、新しいやり方や方法、アイデアなどを探しはじめます。

「どうしたら達成できるだろうか?」と。

「そういえば!」とすぐに答えがうかぶ方もいます。

もちろん、いきなり答えは出てこない方も多いです。

でも、潜在脳は勝手に動いているんですね。

あなたが眠っていても、他ごとをしていても。

 

そして、ある時、「ふと」画期的なアイデアなどが思い浮かんだりするのです。

たとえば、新商品のアイデアだとか、知人などのコラボレーションなど。

これは仮に売上3倍などの高いゴール設定をしないと思いつかなかった、革新アイデアです。

ということで、眠っている脳を活性化させるためにも、社長さんは最低でも現状から3倍~10倍以上のゴール設定をされることをおススメします。

タイトルとURLをコピーしました