一人会社、一人社長でも「確定拠出年金制度(401k)」の利用は可能か?

今日は確定拠出年金ネタになります。

小さな会社の社長にとって、現在、「最も効果の高い節税&資産形成法は確定拠出年金(401k)である」といっても決して過言ではありません。

 

なぜか?

理由は国が様々な導入メリットを用意しているからです。

例えば、掛け金は全額非課税になるし、運用利益も非課税になります。

さらに、受け取る時にも退職所得控除の適用が可能です。

誰もが簡単に合法的に節税しながら資産形成できるのは今のところ確定拠出年金ぐらいしかありません。

ということで、さくのは小さな会社の社長には確定拠出年金の導入を強くオススメしています。

 

そのように勧めている関係で、「確定拠出年金(401k)は一人会社でも利用できますか?」という質問はよくいただくことがあります。

結論から申し上げると、可能です。

従業員が一人もおらず、社長一人しかいない会社でも確定拠出年金(401k)の制度は利用できます。

 

ただし、注意しなければならないのは、「どの金融機関に申し込むか?」ということです。

金融機関によっては嫌がられる恐れがあります。

なぜ、嫌がられるか?というと、金融機関は確定拠出年金に申し込まれても大した利益にならないからです。

だから、大量の従業員がいる企業なら、その人数分の手数料が入ってくれるので割に合いますが、一人社長の会社では割に合わないので嫌がられる可能性があります。

 

ではどうすればいいでしょうか?

一人社長でもウェルカムな金融機関に確定拠出年金加入のお願いをすることです。

私が調べたところSBIベネフィットさんは一人社長でもウェルカム。こういうところにお願いするとよいでしょう。

弊社でも担当者をご紹介可能できるので、いつでもご用命下さい。相談無料です。

→確定拠出年金制度導入の無料相談はこちら