ワインボトル高級茶でナンバーワン「ロイヤルブルーティー」。『わが社のお茶が1本30万円でも売れる理由 (吉本桂子 著、祥伝社)』読了。

この記事は約2分で読めます。

ワインボトル高級茶で大成功しているブランドがある。 ロイヤルブルーティージャパン株式会社だ。 2001年創業の神奈川県藤沢市にある会社。

なんと、「高級茶」にシンプルに絞り込んで大成功している。 お茶というと、ペットボトルに入ったものなど、赤ワインやシャンパンに比べて安く見られがち。 ところが、ロイヤルブルーティーはワインボトルに詰められている。

そして、値段も高級ワイン並みに高い! 店舗やウェブサイトに行くと、一本2~3万円のワインボトルに入った高級茶が売られている。 中には1本30万円を超えるお茶も存在する!

この高級茶は、高級レストランやホテル、首脳会議などで扱われている。 私も実際、とある高級レストランに行ったらメニューにロイヤルブルーティーを見かけたことがある。

高さの理由は、希少な原料を扱っていることと、1本1本手作りで生産していることなど。

味は? 私が最近開けたのは「Queen of Blue Deluxe クイーン オブ ブルー デラックス(4,536円)」。 JAL国際線のファーストクラスでも出されるらしい。乗ったことないけど。

さすがワインボトル。持つだけで重厚感が伝わる。 さっそくグラスに注いで飲んでみた。

ウーロン茶に近い存在の青茶。香りは高級感が漂う。

味はフルーティーで、一言で表すのは難しいが、ワインなどの果実酒の味が不思議とする。もちろん、おいしい。華やかなひとときを与えてくれる。 贈り物としても私は何度か活用したことがあるが、相手から喜ばれる一品。  

ロイヤルブルーティーから得られるビジネスのヒントとしては、思い切ってシンプルに「高級茶」に絞り込んでブランディングしている点。 「お茶」の価値を根底から覆した希有なビジネス。 現代の中小企業経営において、大きなヒントになりそうだ。

 

わが社のお茶が1本30万円でも売れる理由 (吉本桂子 著、祥伝社)』もこのタイミングで読了。

とても勉強になった。

ロイヤルブルーティーを飲んでみて、めちゃくちゃ美味しかったので、経営研究の一環で読んでみた。
なるほど。美味しさの理由がよくわかった。

「ブランドビジネス」は、今まさに日本が置かれている経済危機を打破する最高にして最良の策になると強く思う。

薄利多売系ではなく、高額高品質な商品を限られた人、本当に欲しい人に届けるモデル。

人口減の危機が余儀なくされる中小企業経営の未来に、唯一残された思想だろう。

記事執筆者(Author)
作野裕樹(HIROKI SAKUNO)

株式会社レジェンドプロデュース代表取締役。2003年にアメリカ合衆国法人レジェンドプロデュース・インコーポレーテッドを設立し、代表取締役に就任(2008年に日本登記)。
現在、本業の傍ら経営助言サービスも展開。経営だけにとどまらず、資産形成、メンタルサポート領域にも及び、人生全体の幸福度を上げることに意識を向けている点が他にはないユニークポイントである。
『近代中小企業』や全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』にて資産形成関連コラム執筆経験も有する。

作野裕樹(HIROKI SAKUNO)をフォローする
経営・ビジネスコンテンツ
SMAS経営顧問サービス