決算書をもらったら真っ先にどこを見ればいいか?

あなたは顧問税理士などから決算書をもらった場合、真っ先に何を見ればいいのでしょうか?

売上、営業利益、経常利益など。

決算書にはあらゆる数字が並んでいます。

並びすぎて、何から見ていいかわからないかもしれません。

結果、すぐに引き出しや棚などに閉まってしまうこともあるでしょう。

これは非常にもったいないことです。

決算書にはあらゆる経営をよくするヒントが込められています。

活かさない手はないのです。

 

では、私は経営コンサルティングをする際、真っ先に決算書のどこを見るか?

ズバリ「利益剰余金」です。

過去3期分の決算書の「利益剰余金」を見て「しっかり積み上がっているか?」「どのぐらいの割合で積み上がっているか?」を確認します。

利益剰余金は貸借対照表の純資産の欄にあります。

本業がうまくいっていれば基本的には「利益剰余金」は順調に積み上がっていくわけです。

 

ところが、事業が上手くいっていなければ、利益剰余金は減っていきます。

どんなに羽振りのいいことを言っていたり、メディアに出ていたり、著書を出版していようが、ここの利益剰余金が積み上がっていなければ、経営は上手くいっているとは言えないのです。

口では「順調です!」と言っていても、利益剰余金が積み上がっていなければ、それはまやかし。

 

利益剰余金はダイエットでいう体重計のようなものです。

どれだけ自分では「イケテル」と思っていても、体重計の数字は嘘をつかないのと同じ。

もし、利益剰余金が積み上がっていないとしたら、なんらかの経営改善を施さないとまずいかもしれません。