ビジネス

抽象度を上げていきましょう。

経営者としてステージを上げていきたいなら、抽象度を上げていく必要があります。ただ、「抽象度を上げろ!」と言われても、難しいです。そこで、ちょっと絵に書いて表してみました。私が思う高い抽象度の世界はこんな感じです。 ミニボックスの中の人...
読書

NHK「100分de名著」ブックス『フランクル 夜と霧』を読んで。

経営者として成長したいなら是非ともオススメしたい本があります。それはフランクル著書の『夜と霧』です。 NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧(諸富祥彦著書) 一言で言うと「生きる元気が湧いてくる」書籍です...
映画/演劇

映画『アマデウス』から天才になる方法を考察。

先日、映画《アマデウス》を観ました。この映画はかの天才モーツアルトをライバルであるサリエリの視点から描いた作品です。サリエリは天才モーツアルトを嫉妬の眼差しで見ていました。そして、妬みからか、次々と嫌がらせをしていくのです。 コーチン...
ビジネス

恐怖マインドで生きないこと。

最近、とある著名人の講演がSNSで話題となっている。ある大学での卒業式で彼は講演を行ったそうです。 内容を簡単にまとめると、 1、グローバル社会の到来 2、厳しい競争社会 3、人生は甘くない といったものです。 正直申し...
映画/演劇

映画『危険なメソッド』を観て。

ジークムント・S・フロイト。カールグフタス・ユング。 心理学、催眠療法を知っている人なら知らない人はいないはずです。この2人のおかげで、人間の「無意識」というものに焦点があてられるようになったといっても過言ではありません。 本映...
映画/演劇

映画『利休にたずねよ』鑑賞。「結果」より「過程」を大事にする姿勢が世界を救う。

ビジネスパーソンとしてステージを上げたいなら、結果より「過程」を重んじる精神も必要です。先日、おもしろい映画を見ました。 『利休にたずねよ 』 市川海老蔵氏が主演の「千利休」の映画。千利休と言えば、お茶の聖人。なんと「お...
ビジネス

この世は自らの「心」が生み出している。

自由な人生を実現するには、「起業」し、自らの会社を起こすことがベストな選択です。そして、独立起業し、成果を出したいなら、「心」の仕組みについても学ぶ必要があります。 突然ですが、あなたが見ている世界は、「現実」だと思いますか?確かに現...
日記

プライスレスな「体験」にお金を使う。

自由な人生を手に入れたければ、モノにお金を使うことより、プライスレスな「体験」にお金を使うことが大事です。なぜでしょうか?人は、モノを買った時の満足度よりも、プライスレスな「体験」の方が満足度が高いからです。 思い出してみてください。...
日記

いいモノを長く使う。

自由な人生を手にしたければ、「いいモノを長く使う」ことが大事です。なぜでしょうか?その方が、投資効率がいいし、無駄なお金を使わずにすむからです。環境にもいいですしね。たとえば、昨日、修理に出していたDIESELのジーンズが返ってきました。 ...
ビジネス

強みは自分ではわからない。

昨日、あるセミナー会社様と打ち合わせしておりました。講師として、何を話すか?などを決めるためです。そこで、改めてわかったことがあります。それは、「自分の強みは自分では気づかない」ということを再認識したのです。 「私の強みはこれだろうな...
ビジネス

表象書き換え理論とは?

「それはすでに知ってます」 よく勉強中の方で、こう言う人がいます。 しかし、「知っている」と本当の意味での「わかる」には、天と地ほどの大きな差があります。 たとえば、独立起業希望者にドラッカーの本を勧めたりします。 ...
日記

第7回パラオ・トライアスロン初出場、初完走。

2013年11月30日。第7回パラオトライアスロンに出場。人生初のトライアスロン出場。水泳 1.5キロ、自転車40キロ、ラン10キロ。無事完走しました。タイムは、水泳21分56秒、自転車1時間45分36秒、ラン1時間10分の合計3時間 25...
ビジネス

無意識は否定形を理解しない。

先日、新潟駅にて興味深い張り紙を見かけました。 結論から言うと、残念ですが、これでは逆に「いたずら」は増えてしまうでしょう。これを書いた人は、おそらく、無意識のメカニズムを知らない人が書いてしまったんですね。無意識のメカニズム...
ビジネス

仕事は人生のほんの一部。

コーチングを受ける際は、「仕事」とプライベートのバランスに注意する必要があります。「ちょっと危険信号かな?」と思われる人の特徴に、「仕事が人生のウェイトを大きく占めすぎている」ことがあります。こういう人は病気になったり、健康を害したりする可...
映画/演劇

『華麗なるギャッツビー』を見て「執着」を捨てることを学ぶ。

昨日、レオナルド・デカプリオ主演の『華麗なるギャッツビー』を見てきました。そこで、感じたこと。それは、「執着」を捨てることの大切さです。 主人公のギャッツビーは誰もがうらやむ億万長者。人生、順風満帆に見えます。しかし、どこかうまくいっ...
ビジネス

自由に生きるために「手帳」を持たない。

「自由」な人生を手にしたいなら手帳は持たないことをおススメします。 なぜか? スケジュール帳を持つと、様々なデメリットが生じるからです。 デメリットの1つ目は、スケジュール帳を持つと、スケジュールを埋めなければなら...
映画/演劇

オススメ・映画『たそがれ清兵衛』鑑賞。「死」を意識すると人生が変わる。

さくのは人間は「死」を意識して、はじめて自分と向き合うことができると考えています。 人間はふだんなかなか死を意識することがありません。 いつまでも日々の日常が続くと勘違いしています。 だから、一日一日を大切にしなかったり、...
ビジネス

安心領域を出ると、人は成長する。

コーチングを受ける際は、「安心領域」の存在に注意する必要があります。一流に成長したければ、「安心領域」の性質を理解する必要があるのです。 人には必ず無意識の「安心領域」が存在します。専門用語で言うと「ホメオスタシスレベル(恒常性維持機...
タイトルとURLをコピーしました