凡夫徒然

ゆる書評

「金融・銀行業界」の未来を読み解く書籍たち。(2019年版)

2019年に読んだ「金融」「銀行」業界に関する書評記事を一つにまとめました。資本主義を攻略するには金融や銀行業を理解する必要があります。当記事が金融や銀行業界をより理解するためのお役に立てば幸いです。 6位:『銀行はこれからどうなるのか(...
戯言

江戸商人は火事の時に「顧客名簿」を井戸に放り込むのは本当か?

江戸商人は火事の時に「顧客名簿」を井戸に放り込むのは本当か? マーケティングを学んだことがある人なら一度は耳にしたことがあると思います。 「商人にとっては顧客リスト(台帳)は重要。江戸の商人は火事になると顧客台帳を井戸に放り込む...
凡夫徒然

2020年、新年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 昨年末は東京フィルハーモニー交響楽団ベートーヴェン交響曲第九コンサート鑑賞(チョン・ミョンフン指揮)や、初の自身ピアノ発表会で演奏するなど、音楽を楽しみながら締め...
報告

連載コラム掲載のお知らせ。『家主と地主』2019年9月号

投資家向け雑誌『家主と地主(全国賃貸住宅新聞社)』2019年9月号に連載コラムが掲載されました。 今回は第13回目になります。 テーマは「メルカリで不用品を売って利回りアップする」です。 メルカリは想像以上に活用できます。...
報告

連載コラム掲載のお知らせ。『家主と地主』2019年8月号。

『家主と地主』2019年8月号に連載中コラムが掲載されましたので報告いたします。 今回のテーマはフィンテック関連。 バーチャルクレジットカードが使えるアプリ「Kyash」の活用法について。 パーソナルな請求やお金のやり取り...
お金の話

『暴落を買え!(阿部修平著書/ビジネス社)』読了。

『暴落を買え!(阿部修平著書/ビジネス社)』を読みました。 前半は、「資本家を目指すべき」という提唱で、非常に感銘を受けました。 しかしながら、後半は、「自社宣伝」の様相に変わってしまい、少々残念に感じました。 ほ...
経営のお話

自作自演の口コミ演出は法的にNG。

最近、「信用経済」や「評価経済」、「評判経済」などという言葉をよく耳にするようになりました。 これらをざっくばらんに説明するなら「評価や信用がお金に換わる社会」ということです。 例えば、赤の他人が起業するから「投資してく...
感性散策

会津若松を訪れて。

起業家・経営者のための「会津若松ツアー」を開催しました。 理由は歴史を多面的に観て深い洞察力を養うためです。とかく歴史というものは勝者側からの一面的なものに焦点が定まりがちです。 特に教科書などは人間が作る以上、必ず偏り、囚われ...
経営のお話

小説『グレイ (堂場瞬一著書・集英社文庫)』読了。顧客資産こそ最大の資産。

最近、面白い小説を読みました。 『グレイ (堂場瞬一著書・集英社文庫)』です。 話の流れを簡単に要約すると、うだつの上がらない20歳の大学生が「成功したい」とアルバイトをし、知らず識らずのうちにブラックなビジネスに染まっ...
タイトルとURLをコピーしました