金融

コンテンツ

資本主義とはギャンブルである。

そういえばこちらとんでもない名著。 『ビジネスに生かすギャンブルの法則 (谷岡一郎 著、日本経済新聞社、2001年)』 ぶっちゃけた話、資本主義とはギャンブルである。 しかし、そのことは学校では教わらない。誰も教え...
コンテンツ

株はインフレに強い。

お金を持っていて、最も脅威であることの一つが「インフレ」。 しかも、急激なインフレ。 せっかく稼いだとしても、どれだけお金を持っていても、価値が急激に目減りしていけば元も子もない。 対策としては、価値が目減りしない、できれ...
コンテンツ

カモは誰か?

このエントリーを表示する権限がありません。
コンテンツ

落下するナイフは掴みに行く。

社長の資産形成や資産防衛には株式投資は有用な手段です。 株式投資では様々な格言があります。 その一つが「落下するナイフは掴むな」というものです。 株が暴落している途中で「底だ」と思って掴むと、まだまだ下がって痛い思いをする...
コンテンツ

そもそも個人投資家やアマがプロに勝てるのか?

自営業者の資産形成、資産防衛のためには株式投資はおおいに活用できます。 しかしながら、われわれ個人投資家やアマチュアが、そもそもプロに勝てるのでしょうか? プロとは、ファンドマネージャーや機関投資家など。 彼らは超がつくエ...
会員限定記事

「損切り」は必要か?

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

為替益+株高のダブル益という奇跡。

このエントリーを表示する権限がありません。
コンテンツ

REITはアリか?ナシか?

このエントリーを表示する権限がありません。
コンテンツ

テクニカル投資家とファンダメンタル投資家、どちらになるべきか?

このエントリーを表示する権限がありません。
金融

「ヘッジ」についてプロ野球選手で考えてみる。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

プラスサムゲームのススメ。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

戦略ミスの判断基準。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

コンセンサスの逆を行け。

このエントリーを表示する権限がありません。
コンテンツ

『ヘッジ』というお話。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

他人の話を鵜呑みにした時点で資本主義ゲームは退場を余儀なくされる。

このエントリーを表示する権限がありません。
資産形成

不動産取引の防衛知識として『地面師』の手口を知っておこう。小説『地面師たち(新庄耕著・集英社)』

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

資本主義ゲームは金融で完結する。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

資本主義を攻略するのに「エネルギー知識」は重要。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

市場は「それなり」に「効率的」だ。

このエントリーを表示する権限がありません。
コンテンツ

日経平均30万円時代?未来を読み解くヒントとなる一冊を紹介。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

キャッシュはトラッシュ(ごみくず)。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

「金融・銀行業界」の未来を読み解く書籍たち。(2019年版)

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

コロナショック対策。資産形成は「がんばらない」。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

信用創造のカラクリを体感する名作の紹介。映画『紙の月』。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

資本主義攻略必読書の紹介。

このエントリーを表示する権限がありません。
会員限定記事

緊急、2019年以降の資産形成戦略について。

このエントリーを表示する権限がありません。
コンテンツ

資産防衛には「相関係数」に気をつける。日経平均、世界株式暴落から学ぶこと。

昨日は日経平均1,000円以上の下げを記録したり、昨夜NYダウが545ドル下げたり、他、世界中の株式市場が下落の影響を受けました。 さくのが常に提唱しているのは、「どちらに転んでも大丈夫」な状態を築くことです。 経営顧問先クライ...
コンテンツ

『架空通貨(池井戸潤著者・講談社文庫)』を読んで、仮想通貨の未来を予測する。

『架空通貨(池井戸潤著者・講談社文庫)』を読みました。 現代を熱狂?させていている仮想通貨を否が応でも思い出させるタイトルです。 これがなんと2000年に書かれたのだから著者の先見の明というかセンスの良さを感じてしまいます(当時...
コンテンツ

『タックスヘイブン(橘玲著書・幻冬舎文庫)』を読んだ感想。

橘玲氏が書いた小説『タックスへイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫)』を読みました。 一言で言うと大変おもしろかったです。 どの点が面白いのかを1分でわかるように3点にまとめて書いてみました。 1、経済・金融の...
会員限定記事

中国株バブル崩壊?

このエントリーを表示する権限がありません。
タイトルとURLをコピーしました