『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』感想。

清武英利著書『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層(講談社)』を読みました。

本書はシンガポールと日本を舞台に、プライベートバンカーや富裕層が躍動するストーリーです。

フィクションかと思いきや実名ありのノンフィクション。

日本からシンガポールへ移住した富裕層の裏事情、金融業界のタブー、成功者の真実など、あますとこなく暴露している痛快な話でした。

よくもまあここまで内実を書けたことにリスペクトです。

 

本書は富裕層の「臨場感」を強烈に味わうことができます。

超がつく富裕層がどのようにお金を守っているのか?

このリアリティはなかなかイメージしづらいですよね。

だからこそ、本書のような小説や映画の存在は重宝します。

特に大変興味深かったのは、「税金を逃れてきた日本人で幸せになったという話は、あまり聞かないことだ。(P136より引用)」の箇所です。

自由を得るためにお金を手にしたのに、結局、お金に翻弄されてしまうのはなんとも皮肉な話ですね。

追伸:その後、2018年に文庫版が登場した。こちらの方が安いし、対談も載っているのでお得。

 

作野裕樹プロフィール
株式会社レジェンドプロデュース、株式会社創伝社の代表取締役。自ら会社を経営し、資産形成していく中で「巷の一般的な資産形成法は会社員向けばかりで社長向けではない」と実感し、忙しい社長や自営業者向けに本当に役立つ資産形成戦略について情報発信中。ファイナンシャルプランナー。愛知県名古屋市出身。全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』にて自営業者のための確定拠出年金戦略についてのコラム連載執筆経験を有する。
経済 金融 資産形成 税金 ゆる書評
さくのひろきをフォローする
社長のための賢い資産形成戦略
タイトルとURLをコピーしました