社長の資産形成の基本戦略とは?

常々クライアントさんにお伝えしていることがあります。

資産形成の方程式です。

(①収入−②支出)×③資産運用

実にシンプルですね。

例えば、1億円稼いで、支出が5,000万円で、年利5%で運用するとすれば・・・

(1億円−5,000万円)×1.05=5,250万円

となりますね。

これが、2年目、3年目、4年目・・・と複利で増えていくことになります。

では、どうすればパフォーマンスがよくなるか?

簡単ですね。

収入を増やすか、支出を減らすか、運用利回りをアップさせることです。

 

そして、社長さんが最も優先すべきは、何よりも「①収入」を増やすことです。

①収入を増やすのに最も有利なのが「本業」の会社経営です。

なので、まずは、本業の会社経営で収入を増やすことを狙います。

どうすれば収入が増えるか?

一言で言うのは難しいですが、あえて言うなら「フォーカス」です。

小さな会社は「フォーカス」することで、エネルギー効率を良くしていくことが重要です。

 

それから、次に「支出」を減らすことを考えるのですが、最も効率のいいコスト減は、「節税」です。

といっても、違法なことをするわけではありません。

例えば、倒産防止共済や小規模企業共済、確定拠出年金(401k)をフル活用して、合法的に税金を減らすことを考えます。

実は経験上、このぐらいのことすらやっていない社長さんは意外と多いです。

ですから、これをやるだけでもかなり税金の支出額は変わってきます。

また、「減価償却」をうまく活用することも重要です。これについては、また別機会にお伝えします。

 

これら、①収入アップ、②支出ダウンを継続的に行っていくと、内部留保や利益剰余金が積み重なってきます。

その資金を本業に投資できれば、もっとも望ましいのですが、市場が成熟してくるにつれて、なかなか有利な投資もできなくなってきます。

あらゆる広告媒体も出し尽くしたり、または、広告を打とうにも広告費などが高騰したりしてきます。求人費用も高くなっています。これは成熟期の特徴です。

この時は、無理に投資してはいけません。

景気も良くなって、あらゆるコストが高くなっており、経営における投資利回りが悪くなるからです。

 

しかしながら、永遠に好景気であることはセオリーからしてありえません。

いつか、かならず不況がきます。その時まで資金を減らさないでプールしておきましょう。

不況になると、あらゆるコストが下がります。そうすると、投資利回りがよくなります。例えば、広告費や外注費などが下がるなど。

資金が豊富にあれば、この不況期に本業投資することで、新たな成長カーブを描くことが可能となります。

 

ところが、儲かってきて、内部留保などが溜まってきた時に、現金で寝かしてくとインフレリスクによって、実質資産が目減りしてしまうことがあります。

例えば、今まで1万円で買えたものが11,000円出さないと買えないなど。

この場合は、現金を積み上げておくのは負け組となります。

 

投資の神様であるウォーレンバフェットもこう言っています。

「最悪の投資対象は現金だ。

誰もが口を揃えて現金に勝るものはないと言うが、現金の価値は時間とともに下がっていく。

(『バフェット・バイブル: 本物だけを見抜き富を築く最強投資家の言葉(ロバートLブロック著、夏井幸子訳・徳間書店)』p142より引用)

 

そこで、「③資産運用」が重要になってきます。

資産運用によって、インフレリスクをカバーしつつ、総資産額を増やしていかねばなりません。

 

いかがでしょうか。

当たり前といえば当たり前の話をしてきましたが、重要なことなので、何度もクライアントさんや塾生さんにはお伝えしていることです。

まとめると、まず本業で①収入を増やす。次に②支出を減らす。特に税金面です。

最後に③資産運用です。現金を積み上げておくのは負け組になってしまいます。

ですので、プールした資金を運用し、インフレリスクをカバーしつつ、総資産額を増やすことを考えます。

こうして、グルグルと①②③のサイクルを回していくことです。

これが社長の資産形成の基本戦略となります。参考にしてみてください。

作野裕樹プロフィール
株式会社レジェンドプロデュース、株式会社創伝社の代表取締役。自ら会社を経営し、資産形成していく中で「巷の一般的な資産形成法は会社員向けばかりで社長向けではない」と実感し、忙しい社長や自営業者向けに本当に役立つ資産形成戦略について情報発信中。ファイナンシャルプランナー。愛知県名古屋市出身。全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』にて自営業者のための確定拠出年金戦略についてのコラム連載執筆経験を有する。
お金の話 資産形成 ファイナンス 戯言
さくのひろきをフォローする
社長のための賢い資産形成戦略
タイトルとURLをコピーしました