「空売り」は投資初心者は絶対やめておきましょう。

株式投資には「空売り」という手法がある。ご存じの方も多いだろう。

詳細説明はご自身で調べていただくとして、わかりやすくいえば、「下がったら儲かる」仕組みだ。

「下がる方に賭ける」ということ。

空売りを推奨する投資家(トレーダー?投機家?)は多いし、空売りそのものを推奨した書籍もある。

推奨する理由としては、「上げ」と「下げ」の両方で儲かるチャンスがある!ということ。

それと、上がるより、下がる方が「速い!」し、下げ幅が「大きい!」ので儲けやすいということ。

確かに、これだけ聞くとメリットありそうだ。

しかし、しかし、「空売り」は投資初心者は絶対にやめてください!まずうまくいかないので。

最初から「不利」な方法なのです。空売りは。

なぜ、空売りが不利なのか?

1つ目の理由として、「時間を敵に回す」から。

これは本当に恐ろしい。

時間の神クロノスを敵に回してしまうのだ。

どういうことか?

株式投資には基本「配当」がつく。

これが、空売り側になると、配当をもらうのではなく、「支払う側」になってしまう。

それと、空売りするってことは、「株を借りて売る」ことになるので、株を借りるために利息を払わなければならない。

さらにさらにおそろしいのは、6か月以内に決済しなければならないという「期限」というしばりがあるということ。

(※一般信用という方法は、期限なしなのだが、その分「高い利息」を払わなければいけないので、結局不利。)

さらにさらにさらにさらに恐ろしいのは、空売りの損失は「無限大」なこと。

どういうことか?

一株1000円のA社株を100株買ったとする。

10万円だ。

で、この場合、万一倒産したとしても、損失は10万円に限定される。

ところが、反対にA社株を100株で10万円の空売りをしたとしよう。

その場合、株価が2000円になったらどうなるか?

マイナス10万円だ。

より一層おそろしいのは、それ以上の株価になった場合。

4000円とかになったら?

マイナス30万円支払わなければならない!

株価が上がれば上がるほど、損失は膨らんでいく。まさに損失無限大の世界。

期限もあるので、ほったらかし塩漬けも不可。

なので、空売りする場合は「ロスカット」を逆指値で入れることが前提となるが、このロスカットライン設定が相当難しい。初心者には特に。プロでも難しい。

 

さて、これが逆に「買い手」だったらどうなるか?

時間の神クロノスが味方してくれる。

時間が経てば、配当をもらうことができる。

経済というのは、人間の欲望というのは、基本的に「次から次へ」と向上していく。

なので、企業というのは基本成長するようなインセンティブが働く。

時間が経ち、企業が成長すれば、株価も上がる。

それと、マネー資本主義というのは、基本、お金を刷る、増やす運命にある。

なので、必然、インフレ志向になる。

株価もインフレについていくのが基本的な動きだ。

買い手側はこれらを味方につけることができるようになる。

サッカーで例えるならこんな感じ。

空売りで勝負する場合は、11人対10人の不利な状況で試合をしなければならない。

しかも、最初から先取点を1点プレゼントしている。

さらに、試合時間は少なく、後半からスタートって感じ。

さらにさらに、同点の場合は、負けというルール。

だいたいこんな感じでスタートしなければならない。

よほどの実力差がない限りはやらない方がいい。

それが空売りだ。

初心者の方はやめておこう。

できるだけ、時間の神クロノスを味方につける闘い方を推奨する。

作野裕樹プロフィール
株式会社レジェンドプロデュース、株式会社創伝社の代表取締役。自ら会社を経営し、資産形成していく中で「巷の一般的な資産形成法は会社員向けばかりで社長向けではない」と実感し、忙しい社長や自営業者向けに本当に役立つ資産形成戦略について情報発信中。ファイナンシャルプランナー。愛知県名古屋市出身。全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』にて自営業者のための確定拠出年金戦略についてのコラム連載執筆経験を有する。
お金の話 戯言
さくのひろきをフォローする
社長のための賢い資産形成戦略
タイトルとURLをコピーしました