いかにわれわれが「スマホ」にやられてるか?

ゆる書評

いやあ、面白かった!勉強になった!

『スマホ脳(アンデシュ・ハンセン著、新潮新書)』

われわれがいかに「スマホ」にやられてるかが、これでもか!というぐらいわかっちゃう本。

ものすごく、簡潔に要約すると、

スマホのせいで不幸になってるよ→スマホいじる時間減らしましょうよ→運動がいいですよ

という流れである。

確かに、スマホの台頭で人類が不幸になった感がある。が、それって相関関係であって、因果関係ではないよね?というツッコミもしたくなる。

でも、やはり、自分自身の人生を振り返ると、スマホってのは悪影響結構あるなあという実感もある。

 

具体的には、近年、Facebookの「投稿」はするのも観るのも減っている。Facebookで使ってるのはメッセンジャーや非公開グループでの仲間内コミュニケーションぐらい。

代わりに、備忘録的に「Instagram」を使っている。

Instagramのいいところは「写真」をシェアすることがメインなところ。これだと「誘導」や「介入」がされにくいメリットがある。

写真は観えるけど、文章って読まなくてもいい。

それと、観ていて不快な写真などはあまり出てこない。そういうのはポリシーかなんかでできるだけシャットアウトしているのだろう。

 

ところが、Facebookは「文字」や「言葉」が基本。文字や言葉って恐ろしいもので、「介入」を拒否しにくいというデメリットがある。まあ、これをマーケティング的に悪用してる企業もいるわけだ。それがいいか悪いかは別として。

「言葉」って脳内で繰り返し再生しちゃうんだよね。これが恐ろしいこと。

内容も「言葉」であれば、様々な表現ができてしまう。妬み、愚痴、悪口、噂話などなど。これが写真なら表現はしづらい。が、文字だと表現ができてしまう。

それと、Facebookはグロ系投稿、フェイクニュースなどの検閲が、良くも悪くもあまりされていない感がある。

なので、知らず知らずのうちに、思考が犯されちゃうこともある。「言葉」や「文字」によってね。

 

スマホというよりSNSの危険性に話が及んでしまったが、本質は同じ。スマホの危険性に一石を投じたという意味で、本書はたいへん貴重。読むだけで、「スマホ時間減らそう」と自然に思えるセラピー効果もある。

スマホ脳 (新潮新書) [ アンデシュ・ハンセン ]

あと、ついでに観ておくといいのが、Netflixドラマ『ブラックミラー』シーズン5の2話「待つ男」。

ブラックミラーは近未来SFドラマ。各回1話完結もの。

で、この回は、SNS企業がいかにわたしたちの生活に影響を及ぼしているか?がアリアリと描かれた傑作。

観ればきっとSNSやスマホとの付き合い方を考えさせられるだろう。

 

さらにもういっちょ。

映画『スマホを落としただけなのに』

「スマホ」の存在感に否が応でも気づく映画。もっと狂気感を出してもよかったと個人的には思うが、総じておもしろい作品。

過度の最適化は、効率的な反面、生存確率を逆に下げることからも、スマホ一極依存はやはり避けたいねえ。

作野裕樹プロフィール
(株)レジェンドプロデュース代表取締役。2003年よりステップメールのアスメルを開発運営。
ゆる書評 考え方
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。
タイトルとURLをコピーしました