どうしても「可能世界」について考えちゃうよね。魔裟斗VS山本KID伝説の一戦を思い返す。

格闘技・古武術

古武術をやってるのもあり、最近、格闘技をより観るようになった。

そして、K1といえば、伝説の一戦を思い出す。

2004年大晦日の魔裟斗VS山本KID戦である。

当時はこの一戦に大興奮した。

ふと、そのことを思いだし、当時以来、はじめてYou Tubeで伝説の一戦を観戦。

「たられば」になってしまうが、もしも、金的攻撃なかったら、これキッドさん勝ってたんじゃないか?と思えるねえ。魔裟斗さんも当然すごいんだが。

どうしても、金的なしの「可能世界」ってのを考えちゃう。もし、タイムマシンがあるなら、「そっち」の世界を観てみたい。外野がとやかく言うことではないんだがね。

それはさておき、5キロ体重差あり、しかもキック二戦目のキャリア!で、この実力。山本KIDさんの計り知れない強さを改めて思い知る。

そういう意味で、未だに!「可能世界」を格闘技ファンたちに想像させちゃう「余韻」を残してる点で、やはり、とてつもない伝説の一戦だったといえるねえ。

作野裕樹プロフィール
(株)レジェンドプロデュース代表取締役。2003年よりステップメールのアスメルを開発運営。
格闘技・古武術 戯言
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。
タイトルとURLをコピーしました