簡易的『アヒル囲い』対策。

アヒル囲い 将棋

将棋『アヒル囲い』に遭遇して苦戦したことがあった。苦手なものを苦手なまま放っておくのもよくない。いずれまた出てくるだろうから。

ということで、対策のためにも、研究して自らがやってみることに。

経営でも「お客さん側」になることは大事だし、投資でも「大衆投資家心理を理解する」というのは大事である。一度、自ら「そちら側」になってみることは効果的だ。

試してみて驚いたことは意外と優秀な囲いであること。想像以上に勝ててしまう。

ただし、対策知ってる人には勝ちづらい。

柔軟なシステムではないので、勝てる相手を選びそう。まあ手探りで始めたレベルなので、極めればまだまだ進化するのかもしれないが。

ということで、結論、対策知らない級位の方が相手なら結構うまくいく。けど、相手が対策知ってるかどうか事前にわからなければバクチ的になる覚悟が必要。

以下、気づいた対アヒル囲いの簡易的攻略のコツ。「アヒル囲い」をやられた時にはぜひ読み返してほしい。

  1. アヒル囲いは、大駒を打つ箇所がないことが強み。よって、大駒を持っていても期待薄なので、大駒交換は避ける。ちなみに、アヒル側は喜んで大駒交換、あるいは、大駒切りをしてくる。
  2. アヒル囲いは「浮き飛車」で攻めるポイントを探ってくる。なので、金無双などで歩を取らせる隙をなくすと効果的。
  3. アヒル囲いを崩すには、大駒を捨てる覚悟が必要。そうすると突破口が開ける。
  4. 端角は安易に攻めない。ハメられる。
  5. 金銀などでスクラム組んで地道に攻め上げると効果的。

以上が、アヒル囲いの簡易的攻略のコツ。これだけ知っているだけでもかなり戦えるはず。

作野裕樹プロフィール
2003年~元祖ステップメールのアスメル運営。『宇宙イチわかりやすいネット起業の鉄則(SBクリエイティブ)』著者。(株)レジェンドプロデュース代表取締役。
「趣味もビジネスも味わい尽くす」がモットー。将棋が大好きで日本将棋連盟公認『将棋ウォーズ』初段。他、ピアノ歴3年。プロ野球好き。
将棋
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました