アナログ納税も意外と悪くないかもしれない。

先日、経営している会社の1つの税金を納めてきた。

法人都民税など。

大半の税金はオンラインでクレジットカード納付している。

が、一部、金融機関でしか払えないものもある。

今までは社員に任せていたが、コロナの関係でリモートワークが中心になった。

なので、私自身が直接足を使って払うことにした。

「すべてオンライン納税可能にすればいいだろうに」と内心は思ったが、アナログ支払いの利点もある。

それは「支払う喜び」などを「実感」できることだ。

オンライン上での決済であればあまり支払った実感が伴わない。が、リアルであれば「ああ支払ったんだな」「少しは社会の役に立ってるのかな」と実感しやすいメリットがある。

すると、「また稼いで社会の役に少しでも役に立とうか」というモチベーションにもつながってくる。

アナログも意外と悪くないかもしれない。

作野裕樹プロフィール
2003年~元祖ステップメールのアスメル運営。『宇宙イチわかりやすいネット起業の鉄則(SBクリエイティブ)』著者。(株)レジェンドプロデュース代表取締役。
「趣味もビジネスも味わい尽くす」がモットー。将棋が大好きで日本将棋連盟公認『将棋ウォーズ』初段。他、ピアノ歴3年。プロ野球好き。
お金の話 社会のこと 戯言
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました