『非常識な本質(水野和敏著書・フォレスト出版)』読了。

ゆる書評

非常識な本質(水野和敏著書・フォレスト出版)』を読んだ。


なんというか仕事の向き合い方の刺激になる。

やはり、超一流の思考に触れるってのはいい。

水野和敏さんは元日産GTRの開発責任者。フェラーリやポルシェなどが「教科書として参考にする車」を作った。世界が震撼し、ヨーロッパの王室を虜にしたほど。

通常、5,000~6,000万円クラスが妥当な性能のクルマを1,000万円台でも買えるようにしたのだから驚きだ。

そして、何がすごいって、日本製でここまでブランド力ある製品を作ったこと。日本製というとどうしてもコスパがいいというのがウリになりがちだ。

だが、GTRはその常識を超えてブランド力高い日本製品を世界に打ち出した。

そんな水野和敏さんの仕事の向き合い方が書かれている名作。

学びがある、というよりは「感性」に触れるといった感じだ。

読めば、不思議と抽象度が上がってくる本である。

仕事の向き合い方、視座が高まっていく感じがする。

非常識な本質(水野和敏著書・フォレスト出版)』

作野裕樹プロフィール
2003年~元祖ステップメールのアスメル運営。『宇宙イチわかりやすいネット起業の鉄則(SBクリエイティブ)』著者。(株)レジェンドプロデュース代表取締役。
「趣味もビジネスも味わい尽くす」がモットー。将棋が大好きで日本将棋連盟公認『将棋ウォーズ』初段。他、ピアノ歴3年。プロ野球好き。
ゆる書評
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました