投資に必要な勝負強さを身に着ける一冊。立浪和義氏の著書『勝負の心得(産業編集センター)』。

立浪和義 中日ドラゴンズ 本 お金の話

「投資」で勝つには勝負強さを身につけねばならない。

例えば、大衆がビビって臆している時に、思い切って投資しなければならないこともあるし、逆に大衆がイケイケの時にあえて見送ったり、撤退するなどの勇気が必要など。

勝負強さは投資においてに身に着ける必要の能力である。

では、どうすれば勝負強さが身につくか?

元中日ドラゴンズの立浪和義さんの著書『勝負の心得(産業編集センター)』を読んでみた。

立浪さんといえば、やはり、プロ野球史上「歴代1位」の487本の二塁打を打ったという大記録だろう。これは王貞治さんや野村克也さん、落合博満さんなどの名選手を超える偉大なる記録である。

また、高卒新人から遊撃手のレギュラーとして活躍するなど、野球少年時代の憧れの選手の一人だった。

そんな名選手立浪さんの著書ということで楽しく読ませていただいた。特に感銘を受けたのは「まっとうすぎる王道」の内容だということ。裏技や小手先ノウハウ、奇抜なことは一切書かれていない。

例えば、プロとして活躍するための必要条件として、
0. 「野球に対して真摯に取り組むこと。
1. 「24時間常に野球のマインドにしておくこと。」
2. 「努力を継続すること。」
3. 「時間をうまく使うこと。」

まっとうすぎてぐうの音も出ない。

が、本当に活躍するプロフェッショナルというのは、こういう王道を愚直に実践する人なのだと思う。「王道」や「基本」に立ち返らせてくれるという意味で良書だった。

凡人で怠け者な自分にはかなり厳しい内容だが、ほんの少しでも取り入れられるよう日々精進していこう。

↓Amazonでさがしてみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました