75歳からしか年金を受け取れなくなる?誤解されている年金75歳問題。

これはさすがに誤解を招く表現なので、正確な意味を伝えないといけないと思って書いている。

問題となっているニュース記事はこちら。

年金開始75歳法案、14日審議入りへ 「緊急事態」も先送りせず
(引用元:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/DA3S14437964.html )

これは誤解を招いても致し方ないタイトルである。

「悪意」とさえ感じる。

どのような誤解をするかというと、
「75歳にならないと年金がもらえない」
という誤解である。

全く意味合いが違う。

こちらにいい解説があったので引用しておきたい。

「受給年齢を75歳に強制的に先延ばしされると勘違いをしている人もいるようで、受け取る年齢が75歳まで選べることになるというのが、今回の法改正だ。」
(引用元:『年金の受給開始年齢が75歳に?コロナ状況下で法案審議入りへ』Mag2newsより)

要するに「選択制」である。

例えば、65歳から受給してもしいし、75歳から受給してもいいということだ。

当然、遅くから受給すれば、もらえる額は増額する。

最大で84%増額になる。

といっても、早くもらうか、遅くもらうかの違いなので、額そのものに意味はさほどない。

 

では、どのような人が「遅らせる」選択のメリットがあるのか?

例えば、
・健康で長生きしそう。
・75歳までバリバリ働ける、もしくは働きたい。
・十分な資産があり困っていない。
などである。

 

私なんぞは「仕事していたい派」なので、受給を遅らせられるなら遅らせたいと考えている。仕事って楽しいので。

また、仕事の報酬に加えて、年金までもらったら、支払う税金が増えてしまうので、働きながらもらうメリットがない。

「印象操作したい」「誘導したい」というメディアや団体などの思惑があるのもどうかと思うが・・・、それにうまく乗せられてしまう読者も気をつけねばならない。

ニュース記事などを読む時は「誰が得するか?」をよく考えることだ。もしかすると、なんらかの思想や意思決定に誘導されているかもしれない。

再度まとめると、
「75歳からしか受け取れない」のではなく、
「75歳から受給するって選択もできますよ」という法改正である。

誤読してはいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました