人にはそれぞれ役割がある。(佐藤一斎『言志四録』言志録95)

経営のお話

人に優劣をつけると人生不幸になってしまいます。

なぜなら、「優」を取り続けなければならないからです。

しかし、自然が生んだものに無駄なものが一つでもあるでしょうか。自然が生んだものは皆理由があり、それぞれが役割を担っているのです。

だから、優劣などありません。

佐藤一斎『言志四録』の言志録第九十五条に

「耳・目・口・鼻・四肢・百骸、各々その職を守りてもって心に聴く。これ地の天に順うなり。」

とあります。

訳文は「耳、目、口、鼻、手足、その他身体の各部分は、各々がその職務を守って心の支配を受けている。これは地が天に従うのと同じ道理である。」と。

要するに、身体の各部分はそれぞれの役目があり、それぞれがその役目を果たことで、天地の原理からうまくいくということです。

これは経営でも同じ。経営者はとかく優秀な人材を取ろうと考えたがります。また優劣をつけたがる節があるのです。時に「なぜうちの社員はできないのだ」と口をこぼします。

しかし、これは天地の原理からいえばおかしなことです。それぞれに役割があるはずなのですから。優劣を勝手に判断した経営者がおかしいわけです。

スポーツで例えてみましょう。得点を取ることだけが優秀なのでしょうか?守ることやパスワークが上手な人はどうでしょうか?みんながみんな得点を取りたがったらチームスポーツは成り立たないのではないでしょうか?

野球ではピッチャーも大事だし、キャッチャーも大事です。サッカーではフォワードも必要だし、ディフェンダーも必要です。もっといえば、監督やスコアラー、観客、サポーターなど、すべてに役割があります。どれが欠けても試合はうまくいきません。

優劣などないのです。あるのは優劣を勝手に判断する経営者だけです。

もしも「目と耳と鼻と口で、どれが優秀か?」と聴く人がいたらどうでしょうか?きっとおかしな人だと笑うでしょう。

 

プロフィール
さくのひろき(作野裕樹)
元祖ステップメール®のアスメル®創業者。株式会社レジェンドプロデュース(2003年設立)代表取締役、株式会社創伝社(2014年設立)代表取締役。ビジネスプロデューサー、投資家、コーチ。
京都芸術大学、芸術教養学科在学中。米マサチューセッツ大学、経営大学院(MBA)中退(2017~2020)。黒竜江中医薬大学日本校卒、認定中医気功師(2015)。公益社団法人日本心理学会認定心理士(2014)。愛知大学法学部卒業(2001)。
趣味はピアノ、映画鑑賞、麻雀など。
経営のお話 人生のこと 社会のこと 戯言
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました