コロナウィルス正常化?

『紀伊民報』ニュース記事によると、

「医師や入院患者らが相次いで新型コロナウイルスに感染した済生会有田病院(和歌山県湯浅町)について、県は25日、現在院内に勤務する職員や入院患者ら全員の検査が終了し、全員の陰性を確認したと発表した。」

https://www.agara.co.jp/sp/article/49147

とのこと。

ここポイント→「最初にすぐ決断をして、外来受け入れ停止などを要請したが、病院がそれを受け入れ、その中で最善を尽くしてくれたことが良かった。」

これはコロナウィルス正常化の一つのケーススタディ。

一番怖いのは、いまだに多くの人が「軽視」していること。

名著『空気の研究(山本七平著書)』にもあるが、第二次世界大戦で日本が「最悪」の事態になるまで、なぜ決断できなかったのか?

(こういう危機時に日本人はどう思考し、取り返しのつかない事態に向かうのか?パニックを避け、適切な打ち手を打つためにも非常に参考になります。初心者には入門がオススメです。)

現代の私たちからすれば不思議に思うだろう。

結論をいえば、日本人には「水を差すな」という国民性があるから。

例えば、新規事業ミーティングなどでみんなが「これ売れそう!」という雰囲気になったとする。

そこで、「それ欠点あるから売れるかなあ〜」などと言うと、「水を差すな」とか「空気を読め」などと敵視されてしまう。場合によっては村八分になってしまう。

そうすると、「意見」が言えない空気が醸成されていく。第二次世界大戦中の日本もまさにそのような雰囲気だった。

「このままだと日本は負けますよ」と口にするものなら、
「バカヤロー!不謹慎だ!口を慎め!」
と否定される。抹殺される。

「不安をあおるな!」
という意見が出ることもある。

これは日本人が「情報」と「感情」を同一視させる傾向があるから。本来は別で考えなければなりません。

「コロナウィルスやばいですよ」
→「バカヤロー!不謹慎だ!口にするからなるんだよ!ポジティブに考えてれば勝てる!気にしないこと!そうすればうつらない!」

第二次世界大戦中もきっと多くの人が同じことを口にしていたと思われる。

以下、『空気の研究』のダイヤモンドのまとめが参考になる。

「日本人の、感情移入という精神性はリスク管理で致命的な弱点となることがあります。自然災害や何らかの社会的問題が発生して、さまざまな情報が飛び交うとき、日本では「不安をあおるな」という指摘が登場することがあります。

リスク情報を大衆に知らせると、パニックを起こすのではないかという考え方で、あえて情報を隠蔽して一切教えず、結果として2次被害、3次被害と拡大させてしまう。」

https://diamond.jp/articles/-/188101

ちなみに、幕末のペリー来航時も庶民は似たような反応だった。

私たちからすれば、江戸時代にいきなり黒船が来て、大砲を打ち込んできたら「ヤバい!」と思いそうです。

ところが、そうではなく「花火」に見立てて楽しんでいたとのこと。

多くの庶民にはまったく危機感がなかったのですね。

黒船の話題が浦賀から江戸まで瞬く間に駆け抜けていく中、号令や合図として数十発の空砲が放たれました。事前に幕府に発射通告はされており、江戸市民にもその旨が伝えられていましたが、最初の空砲の音に江戸の町は大混乱。しかし、空砲であることがわかると市民はこの音を花火がわりに楽しんだといいます。庶民の間では、黒船来航時の様子を詠んだ狂歌も話題になりました。

「泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん)たつた四杯で夜も眠れず」
上喜撰とは高級緑茶の銘柄のこと。当時は船を「1杯、2杯…」と数えたことから「4杯の高級緑茶を飲んだだけで夜も寝られないほどになる」という意味と「4隻の黒船が来ただけで夜も寝られないほど、国内が大騒ぎになっている」という裏の意味とをかけて揶揄しています。意外にも呑気な庶民の様子がうかがえますね。

出典元:https://rekijin.com/?p=27450

今回のコロナウィルスも同様です。まだまだ危機感を感じていない人が多いように感じます。

今なら拡大を防げる可能性はあると思っています。

そのためにはまず日本人の多くの「軽視」認識を改めること。

そして、行動面では「接触」の量と質を可能な限り減らしていくことだと私は考えます。

取り返しのつかないことにならないことを願います。

プロフィール
さくのひろき(作野裕樹)
元祖ステップメール®のアスメル®創業者。株式会社レジェンドプロデュース(2003年設立)代表取締役、株式会社創伝社(2014年設立)代表取締役。ビジネスプロデューサー、投資家、コーチ。
京都芸術大学、芸術教養学科在学中。米マサチューセッツ大学、経営大学院(MBA)中退(2017~2020)。黒竜江中医薬大学日本校卒、認定中医気功師(2015)。公益社団法人日本心理学会認定心理士(2014)。愛知大学法学部卒業(2001)。
趣味はピアノ、映画鑑賞、麻雀など。
戯言
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました