金持ち父さん「不労所得」って誤訳ではないか?

「不労所得」って誤訳ではないか?

今、金持ち父さんで有名なロバートキヨサキシリーズの本の原著(英語)を調べている。

金持ち父さんシリーズで有名なフレーズに「不労所得」がある。

要は、「働かなくても入ってくる収入」「寝てても入ってくる収入」「何もしなくても入ってくる収入」というニュアンスだ。

これを読んで、不動産オーナーや、MLMに走った人も多いはず。

しかし、原著を読んでみて、不思議に思ったのは「不労所得」なんてどこにも書いてないということである。

“パッシブインカム(Passive income)”とは書いてある。

Passive income?

これって日本語に訳すと「受動的収入」じゃないか?

「不労所得」とはニュアンスがかなり異なる。

どう違うのかというと、「農業」と「狩猟」の違いに似ている。

農業は不労所得だろうか?

確かに受身的なリターンである。

田畑を耕して、お日様に育ててもらって、時間をかけて収穫を得るわけなので。

しかし、ここに不労所得のイメージはほとんどないのではないか?

「モテる」というのにも狩猟的なモテ方と、農業的モテ方がある。

狩猟的なモテ方とはわかりやすくいえば、ナンパしたり、たくさんアプローチして収穫を得る人である。

農業的モテ方とは、時間をかけて、ダイエットをしたり、メイク力を磨いたり、ファッションの研究をしたりして、結果として「声をかけられる数」を増やしてモテる人だろう。

どちらもモテるが、スタンスが異なる。

が、ここでも「不労的モテ方」とは言わないはずだ。

「家で寝転がって、鼻くそほじって、ポテチを食べながらでもモテる」ってニュアンスではないはず。

ということで、「不労所得」=Passive incomeは、誤訳ではないかと私は思うわけである。

不動産収入などは決して不労所得ではない。

きちんと収入を得るために、知恵を働かせ、影で様々な働きかけを施しているのである。

これが原因で、なんだか「金持ち父さんシリーズ」全般が一気に怪しくなってしまった感が否めない。と同時に、怪しい勧誘のためのキラーフレーズとして使われてしまった。

日本人には「不労所得の方が売れる」となめられてしまったのかもしれない。

原著を読むことは大切だと改めて実感した次第である。

また、どうせ目指すなら、「不労所得」ではなく、「パッシブインカム(受動所得)」がいいだろう。

作野裕樹プロフィール
株式会社レジェンドプロデュース、株式会社創伝社の代表取締役。自ら会社を経営し、資産形成していく中で「巷の一般的な資産形成法は会社員向けばかりで社長向けではない」と実感し、忙しい社長や自営業者向けに本当に役立つ資産形成戦略について情報発信中。ファイナンシャルプランナー。愛知県名古屋市出身。全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』にて自営業者のための確定拠出年金戦略についてのコラム連載執筆経験を有する。
戯言
さくのひろきをフォローする
社長のための賢い資産形成戦略

コメント

タイトルとURLをコピーしました