コーチング感想:「やる気にさせてくれるとこ」と「素晴らしい人脈」が決め手。

NO IMAGE

現在、経営者向けにコーチングを行なっているのですが、昨日は、クライアント様にありがたいことに「一年のお礼」としてごごちそういただきました。

場所は、1801年の江戸時代がから創業の「どじょう鍋」の名店、駒形どぜうです。ふだんどじょうを食べる機会はないので、珍しいですし、おいしかったですね。なにより、クライアントが成長していること。結果を出されていることが嬉しいです。業績は昨年度より、見込みですが30~40%アップ。これが本当に嬉しいですね。

しかも、さらに嬉しいことに、次回の顧問料は3倍にしていただけるとのこと。プロとして嬉しい限りです。金額抜きにして、仕事内容に満足いただけたことによりいっそう喜びを感じます。

なぜ、クライアントは弊社のコーチングを選んだのでしょうか?聞いてみたところ、このような回答をいただきました。

選んだ理由は主に2点になります。1つは、「やる気にさせてくれるところ」でした。確かに、世の中には立派なノウハウがたくさん出回っています。素晴らしいことを語るコンサルタントやコーチは多数います。しかしながら、クライアントをやる気にさせれなかったら、絶対に結果は出ません。「やる気にさせる」というのは、コンサルタントやコーチの重要な能力の1つです。特に経営者向けでは重要です。

わたくしの周囲には、向上心の高い友人や人脈が多いので、いっしょにいると自然とやる気がでるというメリットもあります。「あの仲間はいつも笑って遊んでるように見えるけど、どんどん成果を出してくし、成長していく!」というのを見ると、否が応でもやる気スイッチが入ります。

2つ目は、「素晴らしい人脈が豊富」な点。確かに、ありがたいことに、わたくしは人脈にめぐまれています。多くの専門家のつながりもありますし、若いうちから起業してますので、同年代の会社経営者仲間は豊富です。できるプロフェッショナルや経営者はかなりいます。そういった人たちとお酒の席を設けたり、イベントでご紹介したりとかはよくします。

 

主に以上の理由からお選びいただきました。大変光栄です。ますますのご発展を心より願っています。