「白州蒸留所」経営者見学ツアーを開催した。

ウィスキー

大好物の白州。どうしても「作っているリアルな現場を観てみたい」ということで、山梨県にある白州蒸溜所に行ってきた。大人の社会見学。

発芽→糖化→発酵→樽保管→ボトリング

などの過程を五感をフルに使って体感することができた。大麦や発酵、アルコールの香りから、最後はテイスティングでフィニッシュ。美味しい白州ハイボールの作り方も教えてもらった。

また、ブランディングの勉強になったのも良かった。白州といえば「森香る」。まさに森林の香りがウィスキーから漂う。色は自然なグリーン。工場から製品まで至るところでブランドアイデンティティを感じることができた。ここまで一貫性してると美しい。不思議なのは写真の至るところに「緑の光」が差し込んでいること。実に不思議。

終盤のテイスティングバーでは、最近世界的に希少な白州25年と18年を味わえたことも嬉しかった。贅沢すぎるひと時。

一つ残念なことは白州ウィスキーが買えなかったこと。白州補充のミッション達成ならず。蒸溜所に行けば手に入るかもと考えたが甘かった。白州人気継続中。

大人の社会見学は大変に勉強になるので、また若手経営者向けに企画しようと思う。

ちなみに写真は今月発売されたSONYのα6600で撮影。かなり使いやすい。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました