『ノー・マンズ・ランド 西部戦線(字幕版)』鑑賞。

ノー・マンズ・ランド 西部戦線(字幕版)』を観た。

面白いかどうか?といえば微妙だったが・・・

観る価値はある映画だとは思う。

シナリオは1914年にフランス軍志願兵として対ドイツ西部戦線を戦い抜いた実在の人物を描いたもの。

戦争に高揚するも理想と現実とのギャップを実感。それを埋め合わせるべく「リアル」と対峙していく姿を表現している。

迫力もないし、脚色もあまりないので決して面白いとは言えないが、それが逆に現実的で良い作品だと思う。

アマゾンでさがしてみる