『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事(津川友介著書/東洋経済新報社)』読了。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事(津川友介著書/東洋経済新報社)』を読んだ。

著者も序盤で語っているが、とにかく「エビデンス重視」で書かれているのが特徴。

この手の健康本は、賛否両論あるだろうが、私自身は非常に役立つ内容だった。

特に参考になったのは、

「健康に良いということが複数の信頼できる研究で報告されている食品」

①魚 ②野菜と果物 ③茶色い炭水化物 ④オリーブオイル ⑤ナッツ類

「健康に悪いということが複数の信頼できる研究で報告されている食品」

①赤い肉 ②白い炭水化物 ③バターなどの飽和脂肪酸

(p32より引用)。

これは確かに意見分かれそうな内容である。

要するに、あとは「個人による」のではないだろうか。

これらの情報を参考にしながら、自身に合ったものを実践追求していくことが大切である。

ちなみに、ダイエットに直結する内容でないので、その点は誤解なきよう。とはいえ、ダイエットしながら健康でもいたいなら、一読の価値はある。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事(津川友介著書/東洋経済新報社)』

↓アマゾンで探してみる