南アフリカ産ウィスキー『THREE SHIPS』VSジャパニーズウィスキー『越の忍』

明日のラグビー日本VS南アフリカ戦に先駆けて、ウィスキーで勝手に戦ってみました。

世にも珍しい「南アフリカ産」のウィスキー『THREE SHIPS』です。それのスペシャルリリース。初の南アフリカ産のみのブレンドウィスキーで、3年熟成後にバーボン樽半年でフィニッシュさせたもの。

明日の試合のために調達しました。

日本ウィスキーは日本らしく「越の忍(SHINOBU)」。ラベルも刀を振りかざす侍です。バージョンはモルトのみで作られたピュアモルト。ちなみにこちらは米国最大の世界的な酒類コンペ「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション2019」にて銅賞を獲得した実力派です。

さて、戦いの結果はどうだったか?

南アフリカ産ウィスキーの方は、バニラのような甘みがする飲みやすい味でした。日本の忍の方は粘り強さを感じさせる味でした。よって接戦の末、日本の粘り勝ちと予測します。

南アフリカ ウィスキー

↓楽天では5年ものしか見当たりませんでしたが、こちらでよければご堪能してみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【5,000円以上送料無料】スリーシップス 5年 43度 750ml
価格:2508円(税込、送料別) (2019/10/25時点)

楽天で購入