願望実現したいなら時間感覚をグニャリと揺らそう。映画『コーヒーが冷めないうちに』鑑賞。

映画『コーヒーが冷めないうちに』をTSUTAYAオンラインで観ました。

どのような映画か?

あるカフェのある席に座ると「行きたい時間に行ける」。ただし、過去に戻っても決して「変えられない」というルールがあるという内容。

あなたはどの時間にでも行けるとしたらどこに行きますか?

「時間感覚」がグニャリと曲がるかのような映画です。この感覚は願望実現に非常に有効です。映画中、過去に戻る時に「水に潜る」シーンがあるのですが、まさに時空を行き来する感覚(といっても脳内ですが)って、あのような感覚がしますね。さくのもコーチング中にクライアントによくやります。

さてさて、時間は「未来から来るもの」と考えると納得の映画です。過ぎ去った過去は変えられないが、これから「来る」未来は変えられるという強いメッセージが込められているように感じます。

そして、過ぎ去った過去は変えられないが、「癒すこと」はできるというメッセージ性も。

「未来は選択できる」という強い感覚を身につけたい方におススメの映画です。

↓予告編を観てみる

↓アマゾンで観る