『宇宙のカケラ(佐治晴夫著書/毎日新聞社出版)』読了。

宇宙のカケラ(佐治晴夫著書/毎日新聞社出版)』を読みました。

本書は、ざっくりいえば「般若心経」を「現代科学」の観点から解説されたものです。特に「量子力学」ですね。

え?般若心経と現代科学が関係あるの?と思われたかもしれませんが、おおいに関係ある、というか「そのもの」といっても過言ではありません。

そのあたりを見事に「わかりやすく」解説してくれた書ということで貴重です。

難しい数式などなく、平易で理解しやすい内容に仕上がっています。

特に「空」や「縁起」を科学の観点からわかりやすく説明している点は秀逸です。

読み終えた後に平和な気持ちになる一冊です。

余談ですが、金融や投資の研究をしていくと、「確率論」や「不確実性」にあたります。そして、確率論もつきつめていくと「量子力学」にたどり着きます。

仏教や哲学などからの右脳的アプローチでも、金融やファイナンスなどの左脳的アプローチからでも量子力学でつながってしまう点は大変興味深いですね。

↓アマゾンでさがしてみる