『日銀を知れば経済がわかる (池上彰著書/平凡社新書)』読了。

日銀 池上彰 経済

日銀を知れば経済がわかる (池上彰著書/平凡社新書)』を読みました。

知っているようで意外と知らない「日銀」の仕組みについて、今一度、理解を深める目的で読書。

おおまかな日銀の構造や役割について、ざっくばらんに学べる良書です。

日銀の株主って誰?といった「裏」面には触れられていませんが、きっちりと「表」面を理解するには申し分ありません。

経済=お金の流れを知るためには、「日銀」をよく理解する必要があります。

身体でいえば心臓や血液ポンプの役割を担っていますので。

日銀を理解すれば、経営者であれば先手を打つことができますし、投資家であれば未来予測に役立てることができます。

日銀を知るための入門書として本書は最適です。

日銀を知れば経済がわかる (池上彰著書/平凡社新書)』

作野裕樹プロフィール
株式会社レジェンドプロデュース、株式会社創伝社の代表取締役。自ら会社を経営し、資産形成していく中で「巷の一般的な資産形成法は会社員向けばかりで社長向けではない」と実感し、忙しい社長や自営業者向けに本当に役立つ資産形成戦略について情報発信中。ファイナンシャルプランナー。愛知県名古屋市出身。全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』にて自営業者のための確定拠出年金戦略についてのコラム連載執筆経験を有する。
経済 金融 お金の話 戯言 ゆる書評
さくのひろきをフォローする
社長のための賢い資産形成戦略

コメント

タイトルとURLをコピーしました