『事実 vs 本能 目を背けたいファクトにも理由がある(橘玲著書/集英社)』読了。

事実 vs 本能 目を背けたいファクトにも理由がある(橘玲著書/集英社)』を読み終えました。

残酷かもしれませんが「事実」と向き合う姿勢は重要ですね。

かの有名なユリウス・カエサルもこう言っています。

「Men willingly believe what they wish.」

「人は喜んで自己の望むものを信じるものだ。」

つまり、人間は「見たいものしか見ていない」ということです。

しかしながら、会社経営でも投資においても、うまくいく人は「見たくない現実」に向き合い、対処しています。

そういった意味で、本書のような「ファクト」を見せてくれる著書は貴重ですね。