映画『レディ・プレーヤーワン』鑑賞。

ネットフリックスで映画『レディ・プレーヤー1』を観ました。

2040年のVRの話です。VRが今より進化し、とんでもない世界になっています。

ドキドキワクワク楽しみながら観ることができました。

ただ、人類が「悟りに向かう」という観点から未来を予測すると、VRが進化すると、「身体は動かさなくなる」と思うのです。

初期の映画『トータルリコール』がそれに近いんじゃないですかね。ゴーグルをつけるだけで仮想現実の世界に入り込むわけです。

となると、レディ・プレーヤーワン内では、殴ったり、ジャンプしたりするわけですが、そういう動きは今後どんどんなくなっていくと勝手に予測しています。

現在、さくのもプレステ4のVRを持っていますが、「立ち上がったり」「しゃがんだり」すると、必要以上にエネルギーを浪費してしまいます。長時間プレイが厳しい。

それと、何より「物理的」に広めの場所が必要になってくるのが問題です。狭い部屋だとプレーできないんです。たとえば、ネットカフェとかでVRって採用しづらいと思うんですよ。

なので、将来のVRは「ゴーグル着用」で寝てるだけで色々できちゃうんじゃないかなと想像します。

まあそれはおいておいて、近未来を観せてくれる面白い映画でした。

【予告編】

【アマゾンで観てみる】

ネットフリックスで観てみる