映画『紙の月(2014)』鑑賞。信用創造のカラクリに迫る。(ネタバレ注意)

紙の月 映画/演劇

映画『紙の月(2014)』をAmazonプライムで観ました。

この作品は2014年に公開。監督は吉田大八氏。主演女優は宮沢りえさんです。

原作は角田光代氏です。

一言で言うと、「お金のIQ」が上がる名作です。

見終わった後にレビューなどを確認してみると、「宮沢りえの演技」に注目している人がほとんどです。

他、善悪、正義、道徳など。

実話かどうかに焦点を当てている人もいます。

 

が、さくのが感じた本作品のメッセージは、「銀行の信用創造のカラクリ」を暗に示していることです。

もちろん、ダイレクトには示していません。

このタブーに切り込んだ名作とさくのは捉えました。

随所にそれを示す箇所があります。

 

本作品『紙の月(2014)』を簡単に表すなら、宮沢りえ演じる銀行員りかが、恋に溺れて、銀行のお金(マボロシ)を横領し、貢いでしまうというお話です。

ついつい、不倫ネタ、色恋が表立っていますが、そうであれば舞台は「銀行」でなくてもいいわけですよね。

なぜ、舞台が「銀行」なのか?そこを考えると面白いと思います。

 

実際に横領は立派な犯罪なわけですが、結局、物語の終盤でほとんどの人が迷惑を被っていないし、誰も死んでいないことに気づくでしょう。

これが銀行でなく、一般企業であれば話は変わってきます。

そこを読み解いていくと面白いと思います。

 

また、大事なメッセージとして、人々に「もっとお金の本質に目を向けなさい」ということも発しているように思います。

それを表すものとして、宮沢りえの上司が「私はお金がどこから来て、どこに行くのかを知りたい」というようなニュアンスのことを発しています。

実際、多くの人がお金がどのように発行され、どこに行くのかを理解していません。ここを理解すると、資本主義社会を泳いでいくことがずいぶんと楽になります。

 

そして、この「信用創造」のカラクリを理解すると、お金持ちになることが容易に理解できるようになります。

バランスシート(貸借対照表)の右側には「負債」と「純資産」の欄があります。

会社を起こす時は、必然この右側のいずれかからお金を投入し、左側の「資産」を増やしていくわけです。

借金で投入する場合は「負債」として投入。

自己資金や投資してもらう場合は「純資産」として投入。

それらを使って左側の「資産」を購入。

その資産が「利益剰余金」を生み、それらが右側の「純資産」に積み上がり、再び左側の「資産」に変えていく。これをグルグル回す。

極論、お金を儲けることはこのシンプルなゲームになります。

余談ですが、本作品で、最後の方に軽く「横領したお金で土地買ってないの?」といったニュアンスの発言がありますが、あれも資本主義攻略の大事なメッセージを暗に示しています。

 

資本主義攻略の本質は「銀行にある」といっても過言ではありません。

なぜ、近年、ITで成功した企業が「銀行業」や「金融」に目を移していくのか?

例えば、ソフトバンクも子会社ヤフーを通じてジャパンネット銀行を抑えていますし、楽天もイーバンク買収で銀行業を抑えています。GMOはあおぞら銀行を。

もっとオールドなところでいえば、ソニーも銀行を持っていますし、セブンイレブンも持っています。

さらにオールドなところでは、三菱や三井、住友、安田などが財閥を築けたのは「銀行業」に目を向けたからともいえます。

 

ということで、映画『紙の月(2014)』は全体的に「お金のIQ」を上げる貴重な映画です。資本主義を楽しく理解したい方にはおススメ。

一度観たことがある方も「お金」「資本主義」「信用創造」といった切り口から本作品を観ると、また一風違った印象を受けるのでおススメです。

もちろん、恋愛映画としても、宮沢りえさんの演技の観点から観ても名作で、あっという間の2時間になることでしょう。

↓予告編はこちら

↓Amazonプライムで観る

↓DVDで観る

コメント

タイトルとURLをコピーしました