消耗品にローンを組んではいけない。PL思考からBS思考になろう。

お金の話

この記事、とても大事なことが書いてあります。

資本主義を攻略する秘訣の1つです。

富裕層がエルメスのバッグを買う真の目的

非常に示唆に富んだ内容で読む価値があります。

金持ち父さん貧乏父さん著者のロバートキヨサキも、不動産、株、ビジネスの投資のほかに「コモディティ」への投資も推奨しています。

通貨が目減りすることが運命づけられている現代社会では、資産価値のある物に富を移転させておくことは、資産防衛する上でも大変重要です。

 

そして、終盤の「消耗品にローンを組んではいけない」は特に大事です。

これを会社経営に当てはめると・・・

借金するのはいいんですが、「運転資金」に当てちゃう人はNGということです。P/L思考なのですね。

P/Lは使ったら減ります。無くなります。フローですから。

 

しかし、「資産」にお金を使う人は減りません。増える可能性があります。配当などの利回りを産むことも。

これはB/S思考です。

 

例えば、コンサル業やウェブ制作業などのサービス業では資本主義攻略の観点からすれば、借金をしてはいけないということです。

なぜ?使ったらなくなってしまう(消耗)からです。資産が増えないわけのです。

例えば、その多くは「人件費」ですよね?

人件費はP/L(損益計算書)で費用に計上します。

これではいつまで経っても資産を築くことはできないのです。

 

もし、借金して「設備」などの「資産」、例えば、コインランドリーやマンションを買うなら良い使い方です。

要するに、お金はできるだけ「資産購入に使う」ことが大前提で、「借金」をするならなおさらその要点を大事にしなければならないということです。

費用(消耗する)に対して大切なお金はできるだけ使わないことが、資本主義を攻略する上では重要になってきます。

プロフィール
さくのひろき(作野裕樹)
元祖ステップメール®のアスメル®創業者。株式会社レジェンドプロデュース(2003年設立)代表取締役、株式会社創伝社(2014年設立)代表取締役。ビジネスプロデューサー、投資家、コーチ。
京都芸術大学、芸術教養学科在学中。米マサチューセッツ大学、経営大学院(MBA)中退(2017~2020)。黒竜江中医薬大学日本校卒、認定中医気功師(2015)。公益社団法人日本心理学会認定心理士(2014)。愛知大学法学部卒業(2001)。
趣味はピアノ、映画鑑賞、麻雀など。
お金の話 戯言
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました