『武器としての会計ファイナンス(矢部謙介著書/日本実業出版社)』読了。

武器としての会計ファイナンス(矢部謙介著書/日本実業出版社)』を読みました。

ファイナンスフェチとしてはたまらないテーマです。興奮がやみません。

わかりやすく、かつ、内容の濃い本でした。

ファイナンスを学ぶとどのような良いことがあるか?

一言でいうと「お金の流れ」がわかるようになり、「意志決定力」が高まります。

例えば、経営って投資の連続なわけですが、その投資が「GO」なのか「Not Go」なのか悩んだ時に、ファイナンス思考ができると行くべき時に行けるし、行ってはいけない時に踏みとどまることができるようになります。

また、投資家に「投資してもらう」、銀行に「お金を貸してもらう」時にも、ファイナンス思考ができると、うまくお金の流れを説明できるようになり、資金調達しやすくなるメリットがあります。

そして、本書の著者の特徴でもあるのですが、「何をKPIにするか?」を非常に重視しています。

これって本当に重要でして、言い換えるなら「何をもって成功とするか?」であり、「何を目指せば成功に近づくか?」ってことでもあります。

このKPIを間違えると、とんでもない方向に経営や投資が行ってしまうので要注意です。

例を挙げると、「売上を上げろ!」と言ってる経営者。これは最悪のKPI設定なわけです。

じゃあ「利益はどうだ!」と思うかもしれませんが、実は利益も意外と操作できてしまうのでKPIとしては不適切になります。

何をKPIにすればいいのか?

本書『武器としての会計ファイナンス(矢部謙介著書/日本実業出版社)』を読んでいくと見えてくるものがあるはずです。

経営者や投資家、ビジネスパーソンなど、お金儲けに携わるすべての人に必要な教養。それがファイナンスです。

ファイナンス系の書籍は数式とか難しいものが多いのですが、本書はファイナンスをわかりやすく教えてくれています。

難易度としてはファイナンス初中級者向けです。

目次

第1章 なぜファイナンスが必要なのか?
第2章 利益とキャッシュフローを読み解く
第3章 資本コストとは何か?
第4章 ファイナンス思考力をKPIに活かす
第5章 M&Aと投資判断のためのファイナンス思考力とは?
第6章 ファイナンス戦略を読み解く