仮想通貨は「通貨」ではない。

仮想通貨を「暗号資産」と改称 改正資金決済法が成立

本日のYahooニュースより。

記事内容によると、国際的には仮想通貨より「クリプトアセット」が主流らしいことと、通貨だと既存の円やドルと混同するので、仮想通貨ではなく「暗号資産」と呼ぶことにしたということです。

やはり、仮想通貨は「通貨」ではなかったわけです。

そもそも、通貨ってのは、言い換えるなら「無限に発行」できないといけないわけですよ。

例えば、人口が増えたら、使う通貨は増えないと足りなくなります。

商取引の量が増えたら、それだけ通貨は必要になります。

だから、流通させる通貨ってのは、増やしたり減らしたりして、「調整」しないといけないわけです。そうしないと安定した商取引ができないのです。

昔は「金」とかを通貨として使ってたのですが、人口や商取引が増えたことで足りなくなってしまったんですね。

そうすると、商取引をしたくてもできないって不都合が出てきます。

なので、紙幣などを通貨にして、「調整」することにしたのです。

ところが、仮想通貨はどうかというと、マイニング(採掘)という行為をしないと増えないことになっています。

ということは、通貨としての役割を担えない宿命をはじめから背負っています。

まあ資産と呼ぶのもさらに誤解を招くと思いますが・・・。