Zaif仮想通貨流出。仮想通貨がおいしくない2つの理由。

コインチェックの流出事件に続き、またもや、仮想通貨の流出事件が起きました。

Zaifの被害総額は約67億円とのことです。

匿名化サービス悪用、追跡困難か Zaif仮想通貨流出(朝日デジタル)』

追跡も困難だそうです。

仮想通貨トレードを行っている人、もしくは、これから行おうとしている人にとっては水を差す事件でしょう。

 

仮想通貨投資(トレード)は、実際のところ儲かるのか?おいしいのか?

結論は今のところ以前から変わっていません。

全くお勧めできません。

なぜか?

大きな理由は2つあります。

 

1つ目は、税制上、何の優遇もないことです。

例えば、株式投資(個人)であれば、儲かった利益は分離課税で20%で済みます。

個人年収が1億円だろうが10億円だろうが、100億円だろうが、株式投資の利益は全く別の所得として課税されるのです。

 

ところが、仮想通貨の場合はどうでしょうか?

個人年収にオンされるのです。

仮想通貨で1億円を儲けたとして、個人年収が1億円あったら、合計2億円の所得として課税されます。

この場合、単純に累進課税MAX55%とすれば、約1億円を税金として収めなければなりません。

株で1億円を儲けた場合は2,000万円で済むのです。

 

ちなみに、ここでは割愛しますが、弊社で取り組んでいる太陽光発電も税制優遇があります。

仮想通貨にはそれらの優遇が全くないのです。

 

2つ目の理由は「ファイナンスの観点」です。

経営者や投資家の仕事は、価値あるものに投資をしていくことです。

価値あるものに投資し、得た利益を再投資し、雪だるまのように資産を拡大していくこと。

 

では、ファイナンスの観点から考える、本当に価値ある資産とは何でしょうか?

誤解をおそれずシンプルに言うなら「プラスのキャッシュフローを生み出すかどうか」です。

しかも、できるだけ早く。

 

例えば、土地は資産か?

会計上では資産です。

しかし、ファイナンスの観点から言えば、土地は持っているだけでは1円も利益を生まないから「負債」なのです。

ところが、その土地にアパートを建てて、家賃収入を生んだとします。

この場合はファイナンスの観点から言えば資産になります。

 

では、話を戻して、仮想通貨はどうでしょうか?

持っているだけで「プラスのキャッシュフロー」を生むでしょうか?

例えば、配当金などはありますか?

ないのであれば、ファイナンスの観点では「負債」です。

資産を守りたい、増やしたい経営者や投資家として、仮想通貨はあまり賢い取引とは言えないのです。

 

もっと他に良質な投資先はいくらでもあります。

賢い経営者や投資家は本当に価値のある(プラスのキャッシュフローを生む)資産の購入を考えていくべきです。

 

ただし、仮想通貨ではなく「ブロックチェーン」技術に関しては、可能性を感じています。

インフラとして整えば、道具として使える日が来るかもしれません。

その際になったら思う存分使いたいと思います。

しかし、このことは資産形成として全く別問題です。