郵便貯金が引き出せなくなります。

これは注意が必要です。

情報元はこちら。

【拡散希望】「2007年9月30日までに預け入れた定期貯金は満期後必ず払戻しを!」払い戻しが受けられなくなります!

平成19年9月30日までの定期貯金など、払い戻しを受けられなくなります。

法律の規定により、満期後20年2ヶ月経つと不可能のようです。

 

友人も受け取るのに大変な思いをしたことがあるので、気をつけた方がいいでしょう。

友人は17歳の時に父を亡くしました。

その際、死後15年ぐらい経って、郵便貯金が数十万円あることがわかったのです。

父方の実家の方からの連絡で知ったそうです。

「期限を過ぎると払い出しが受けられなくなる」とのことで彼は慌てて、郵便局へ。

しかし、それを受け取ろうとしたのですが、「いくら口座にあるかの確認」「息子であることの証明」「戸籍確認」「父の死亡証明」やらなにやらで、計半年ぐらい、5回ぐらい郵便局に足を運んだとのこと。

 

おそらく、今回の件、ご自身のことなら記憶にあるので大丈夫です。

が、親族などで放置されている口座だと忘れている可能性があるのです。

そこがメイン対象になると思われます。

 

ぜひ、今一度、親族(亡くなられた方も含め)の郵便貯金口座の存在など調べられることをお勧めします。

存在するとわかっても引き出すまでには大変な労力と時間を要するので、早めの取り組みが重要です。