『M&Aアドバイザー養成講座(日本M&Aアドバイザー協会)』を受講。

2019年5月11日と12日の2日間にわたり、(社)日本M&Aアドバイザー協会主催の「M&Aアドバイザー養成講座」に参加してきました。

2日間とも9:30〜18:30と、かなりハードでした。講座料金は198,000円(税込)。

なぜ、受講したのか?

ベンチャー企業向けに経営コンサルティングする中で、「会社売却」や「M&A」、「事業譲渡」などの相談を受ける機会が増えてきたからです。

以前までは、起業家のリタイヤゴールは株式上場(IPO)が一般的でしたが、昨今は上場しなくともM&Aによる会社売却もだいぶ主流になってきました。

海外ではこうして会社を売って、再び(連続して)起業する人を「連続起業家」や「シリアルアントレプレナー」と呼んでおり、かなりオーソドックスな状況です。

ところが、日本はまだまだ。

「会社を売る?M&A?けしからん!」といった常識がまかり通っています。

ですが、時間が経てば、会社売却やM&Aを前提とした起業ももう少しメインストリートになってくると思います。

さて、講座の中身はどうだったか?

一言で言うと、めっちゃ勉強になりました。

知識はさることながら、机上の空論ではない、講師陣の「生」の「現場」のリアルを語っていただけたことが何よりもの学びになりました。

やはり、実体験に勝るノウハウはありませんね。

大変勉強になりました。講師の方々、本当にありがとうございます。

少人数制だったため、質問もバンバンできたのもよかったです。

おかげさまで、今後は、ベンチャー企業向け経営コンサルティングに「M&A」「会社売却」「事業譲渡」などの知識も加えることができました。

知識面および実務面で起業家をサポートしていきます。

一般社団法人 日本M&Aアドバイザー協会について

M&Aアドバイザー養成講座について