『デジタル・ポピュリズム〜操作される世論と民主主義(福田直子著書・集英社新書)』読了。

社会のこと

「●●は許せない!」「●●は間違ってる!」「●●が悪い!」など、なんだか最近、「一方的」な意見やコメントばかりが目に付きませんか?

しかも、「え?この人がこんな過激なこと言うの⁉︎」と驚くとともに残念な気持ちになることもあります。

そんな中、たまたま面白そうな書籍を購入しました。

デジタル・ポピュリズム〜操作される世論と民主主義(福田直子著書・集英社新書)』

世論が「一方向」に傾いたり、必要以上に叩く風潮になるのはなぜか?

気持ち悪いぐらい連日同じようなニュースが流れるのはなぜか?

私たちが知らないとこにどうやら理由が隠されているようです。

プロフィール
さくのひろき(作野裕樹)
元祖ステップメール®のアスメル®創業者。株式会社レジェンドプロデュース(2003年設立)代表取締役、株式会社創伝社(2014年設立)代表取締役。ビジネスプロデューサー、投資家、コーチ。
京都芸術大学、芸術教養学科在学中。米マサチューセッツ大学、経営大学院(MBA)中退(2017~2020)。黒竜江中医薬大学日本校卒、認定中医気功師(2015)。公益社団法人日本心理学会認定心理士(2014)。愛知大学法学部卒業(2001)。
趣味はピアノ、映画鑑賞、麻雀など。
社会のこと ゆる書評 戯言 凡夫徒然
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました