『M&Aエグジットで連続起業家になる(和家智也著書・クロスメディア)』読了。

M&Aエグジットで連続起業家になる(和家智也著書・クロスメディア)』を読みました。

最近、ちょっとした起業ブームです。

そして、起業したい人の中には、会社を立ち上げてずっと社長をやるのではなく、ある程度の規模になったら売ってしまいたいと思う人も増えています。

ざっくり言えば、人生で何個も会社を立ち上げる人のことを「連続起業家」や「シリアルアントレプレナー」と言います。

「会社を売るなんてけしからん!」など、賛否はあると思いますが、さくのとしては会社売却を前提とした起業は「アリ」だと考えています。

実際、さくのも複数会社を起業して経営していますし。

起業家には向き不向きがあって、「立ち上げ」が得意な人と、「運営」が得意な人はおうおうにして異なります。

だから、「立ち上げ」が得意な人は起業した後、大手企業などに売却して「運営」をバトンタッチし、会社を継続させるというのは、社会にとっても良いことだと考えています。

また、これは持論なのですが、はじめから「会社売却」を前提にして会社を立ち上げると、おのずと業績がよくなるメリットもあります。

なぜ?

会社を売却するとなれば、「社長依存」の会社ではダメです。当たり前ですよね。

会社を売って社長が抜けるわけですから、社長に依存したシステムでは買い手がつきにくくなります。

となると、自然と「社長がいなくても回る仕組み」を目指すようになります。

この視点によって、良い会社になりやすくなります。

これは働く従業員や取引先にとっても良いことです。

「社長依存」の会社の従業員や取引先は正直不安です。

もし、社長がいなくなったらどうするんだろう?と考えますので。

だから、実際に売るか売らないかは別として、最初から「会社売却」を前提に起業するのはよいことです。

飛行機で例えるなら、「飛ぶ」だけのことを考えるか、「途中着陸」も一応前提として飛ぶのかでは、備えが変わってきますよね。それと同じです。

しかしながら、「連続起業家(シリアルアントレプレナー)」って実際どんな人?どうやってなればいいの?と思う人も多いでしょう。

そこで本書『M&Aエグジットで連続起業家になる(和家智也著書・クロスメディア)』が役立ちます。

実際の連続起業家の実像や、会社を売る過程や手法などが実体験から書かれていて、大変参考になります。

著者の和家智也氏は今までに2,000件の相談実績があるということから、内容にも説得力があります。

M&Aエグジットで連続起業家になる(和家智也著書・クロスメディア)』

目次

第1章 「連続起業家」の実像
第2章 なぜ、ベンチャーのM&Aエグジットが盛り上がっているのか?
第3章 会社を売るか続けるか?決断のための4つの視点
第4章 エグジットする!と決めたなら
第5章 会社を売るまでの流れ
第6章 会社を「高く」売る!
第7章 エグジット成功のカギを握るM&Aアドバイザー選び

↓Amazonでさがしてみる