ウィスキーのジャック・ダニエル(Jack Daniel’s)のシングルバレル(Singlebarrel)を飲みました。

一言、ゴージャスな味わいでした。

ジャックダニエルといえば、言わずと知れたアメリカン・ウィスキーの代表格です。

中でもテネシー州生産の「テネシーウィスキー」に分類されます。

テネシーウィスキーの特徴はバーボンの製法に付け加えて、「チャコールメローイング」という独特な製法で作られている点です。

このおかげで、まろやかな感じの味に仕上がっています。

さくのの感想をいえば「チョコレートっぽい」「バニラっぽい」感じで飲みやすいです。大好物です。

ジャックダニエルはアメリカンウィスキーで世界で売れているナンバーワン銘柄になります。

ジャックダニエルの看板的な商品は「No.7」です。ちなみに、なんで7番なの?と思いますが、これにはさまざまな説があり、謎のままです。

そのジャックダニエルのシリーズの一つが、今回飲んだ「ジャックダニエル・シングルバレル(Jack Daniel’s  Singlebarrel)」になります。

シングルバレルとは?

単一の樽のみから瓶詰めされるウイスキーのことです。

通常ウイスキーは複数の樽の原酒をブレンドしてから瓶詰めします。これによって品質が安定します。

が、シングルバレルでは、優れた状態の樽(原酒)を厳選して、ブレンドせずに瓶詰めします。

さくの個人の感想としては、なんとなく不純物がないピュアな感じがします。

プログラミングでいえば「1と0のみ」で作られたような美しさ(笑)という感じです。

「ざらつきが少しもない」という感じでしょうか。

音楽でいうと「ハイレゾ音楽」と「CD」の違いのような感じがします。

あくまでも個人的感想です。

あと、色の見た目はNo.7より濃いですね。香りも。

No.7よりゴージャスな感じがして美味しいです。ふだんはNo.7を飲んで、ちょっと特別な日にはシングルバレルという飲み方がメリハリがあっていいかもしれません。

 

↓Amazonでさがしてみる

↓楽天でさがしてみる