『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』鑑賞。感動。

映画好きの小言

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』をAmazonプライムで観ました。

一言、めっちゃよかったです。

話の中盤から泣きっぱなしです。

ティッシュひと箱なくなりました。

内容は、内容は、ネタバレになるので、書けません。

書かない方がいいし、決して「書いてはいけない」と思ってます。

なので、レビュー非常に書きづらいのですが、「感情面」を中心に語ります。

 

まず、映画の序盤ですが、非常に観づらいかもしれません。

特に、おっさんは耐えられえないかもしれません(笑)。

でもね、この感覚がいけない。とにかくいけないのです。

あとで、「もったいない」と思います。後悔します。

けど、この「もったいない」という「感覚」が大事なのです。

もう途中から頭が「グワングワン」します。

脳内が溶けるような、そんな感覚です。

作者すごいなと思います。

「よくこんな作品創れたなあ」と。

こんな感覚を視聴者に持たせられるのって本当にすごいです。

 

一応、観ようと思う方にアドバイスするといえば、

「最後まで必ず観てください」ということ。

決して、途中で「他ごと」したり、観るのを止めないでください!

何度も言いますが後で「後悔」します。「もったいない」です。

ちなみに、さくのは途中、「つまらない」と思ったり、「観るのやめようかな」と考えてしまいました。

いや、本当に情けないです。今は、ただただ、そう考えたことを「後悔」しています。

もっともっと、きちんと「味わえばよかった」と思いました。

でも、この「感覚」がきっと大事なのです。

 

ここまで読んで、「よし!予告編を観て判断しよう!」と思った人もいるかもしれません。

残念ながらそうはいきません。

予告編を観ても、ほとんどこの映画の良さは伝わらないと思います。

これが、またすごく大事なのです。

わたしたちは、何か買い物する時や、映画を観る時や、読書する時、ついつい「予告編」のような「事前情報」に頼ったりしませんか?

その情報だけで、観てもいないのに、体験もしてないのに「判断」を下してしまう。

もしかすると、この行為が映画や読書、買い物するのを、いえ、人生を「つまらないもの」にしてしまっているかもしれません。

 

ということで、とにかく騙されたと思って観てください。

途中、他ごとしたり、観るのを止めたりしないでください。

しっかりと、「味わって」ください。

このしっかりと「味わう」という感覚、本当に本当に大事です。

ということで、めっちゃオススメの映画です。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

↓Amazonプライムで観てみる

作野裕樹プロフィール
2003年~元祖ステップメールのアスメル運営。『宇宙イチわかりやすいネット起業の鉄則(SBクリエイティブ)』著者。(株)レジェンドプロデュース代表取締役。
「趣味もビジネスも味わい尽くす」がモットー。将棋が大好きで日本将棋連盟公認『将棋ウォーズ』初段。他、ピアノ歴3年。プロ野球好き。
映画好きの小言 凡夫徒然
さくのひろきをフォローする
凡夫の戯言。さくのひろきのブログ。
タイトルとURLをコピーしました