黒いスーツはダメですか?

ビジネス

先日、さくのが主催しているビジネス塾の定例勉強会の帰りに参加者からいただいた質問です。

「黒いスーツはダメですか?」

結論から言いますと、黒いスーツはダメではないのですが着こなしが「難しい」ということです。

黒いスーツを切るシーンはどんなシーンでしょうか?

多くの人が冠婚葬祭だと思います。

ですから、一歩間違えると「葬式に行くのか」と思われてしまうのです。

違いを出すのに応用技が必要になってきます。

ですから、スーツの1つ目は「ダークネイビー」だと、まず外さないですし、「印籠」のように「できる人」扱いされやすいです。

その次にお勧めなのが「ダークグレー」です。しかし、ネイビーより少し扱いが難しくなります。

グレーとなると、元々「どんより」したニュアンスの強いカラーなので、下手すると暗い人の印象を持たれてしまいます。

実際、「謝罪」の時はグレースーツが基本ですしね。

ですので、グレーは意外と扱いがしづらいというデメリットがあります。

まずはダークネイビーを1つ持つ。次にダークグレー。

この2つのカラーをしっかり着こなせるようになってから、応用編で黒スーツにチャレンジするという流れでよいと思います。

ダークネイビーを複数持つのもありです。

素材や形によって印象がそれぞれ全く異なります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました