以前、クライアントさんから「くりっく株365ってどうなんでしょう?」という相談をいただきました。

くりっく株365とは、いわゆる「先物取引」。

日経225やNYダウの株価指数に対して投資するものなどがあります。

 

調べてみると、確かに面白いのです。

少ない証拠金でレバレッジを利かせて投資ができます。

しかも、配当までその分、入るというのだから魅力的です。

 

しかし、さくのは「くりっく株365」の参入を見送りました。

なぜか?

それは「収入の箱が違う」からです。

 

実は、収入には、税制によって見えない「色」がついています。

例えば、株式投資で得た損益と、FXで得た損益は、同じお金でも「分けて」税金がかけられるのです。

株式投資で100万円儲けて、FXで100万円損したらどうなるか?

通常は、100-100=0だ!と答えたくなると思います。

税金など払う意味がわかりません。

 

ところが、日本の税制では株式投資とFX等の先物取引系の損益は、全く別物となっているのです。要注意です。

だから、株式投資で得た100万円には約20%の税金がかかります。

FXの方は100万円の損として3年間は繰越が可能です。

 

で、さくのの収益の箱は主に、

・法人の箱
・給与の箱
・株式投資の箱(ETF、投資信託、及び配当収益含む)

の3つに分けて管理しています。

「くりっく株365」は「先物の箱」として別勘定になってしまうのでやっていません。

 

同じ箱内では損益の合算が可能だし、損失の繰越も可能です(法人9年、個人3年)。

ちなみに、話題?というか全くオススメしていない個人の仮想通貨投資はこれらの箱のどれにも当てはまらない「雑所得」という最悪の箱に当てはまるので、注意が必要です。

 

話を戻して、もしも、さくのが「株式投資」系をやっていなければ、新たに「先物の箱」として「くりっく株365」をやってみるかもしれません。

が、商品銘柄の数を考えると、圧倒的に「株式投資系の箱」の方が自由度が高くて有利です。

 

もしかして、税制が変わって、株式投資系と先物取引系が同じ箱になり、損益通算が可能になったらやるかもしれませんが、今の所そのような動きはありません(一緒にすればいいのにと個人的には思うが)。

ということで、魅力はあるものの「くりっく株365」は私のケースではやらないことにしているのです。

 

念のため補足しておきますが、くりっく株365などの先物取引が良いか悪いかを論じているのではありません。あくまでも「税制上」の課題について論じただけであることを補足しておきます。

税制の変更次第で、今後は投資する可能性は十分あります。