六本木に12/11に新しくできた話題の有料本屋「文喫(ぶんきつ)」に行ってみました。

有料の本屋?一体どのようなお店?と興味津々で入場。料金は1500円。

文喫という店名は「文化を喫する」というテーマから来ています。

ラインナップは文学やアート、哲学、宗教などさまざまなジャンルが3万冊。

今をときめくベストセラー的なのはほぼありません。ビジネス書も少な目です。

ただ、流行に左右されないラインナップなので、面白い本との出逢いや発見があります。

ランダムに置かれた本たちが創造性をくすぐります。

奥にはくつろげるスペースや飲食可能なスペース、打ち合わせ可能なスペースありと、さまざまな活用方法が考えられそうです。

さっそく、本をピックアップしてくつろいでみました。

食事もできるスペースです。

趣味で漫喫にはよく行くのですが、今後は文喫もありですね。

どれだけいてもいいのと、コーヒーとお茶は無料なので、意外と安いと思います。

「無料が当たり前」のビジネスの新しいマネタイズのカタチとして今後も観察していきたいところです。

本日は早速、良書に出逢えたので購入します。

文喫公式ウェブサイトはこちら