映画『いぬやしき』を鑑賞しました。一言、感動。よかったです。

元々、漫画でも読んでおり、いい作品だったので、興味があり実写版も観てみました。

作者の奥浩哉さんの漫画も好きで、GANTZなども全巻読破しています。

そういった期待も込めての実写版鑑賞でした。

 

私が感じたことは、まさにこの映画で表現されていることが、この日本に求められている、いや、もしかしたら世界に求められているヒーロー像なのではないか?ということです。

東洋思想でいえば「陰徳を積む」ことの大切さとでもいうのでしょうか。

わかりやすくいえば、たとえ、成功しても勝利しても「成功をひけらかさない」「勝利を見せびらかさない」「ただただ人を救う」「評価も求めない」。そういった価値観です。

 

20世紀から現在まで、世界は「陽」にばかり光が当たっていたように思います。

が、これからの時代はもっと「陰」に光を当ててもよいのではないでしょうか?

例えば、できる社員がいられるのは、できない社員がいるからです。

良いピッチャーがいられるのは、良いキャッチャーがいるからです。

良いボーカルがいられるのは、良いギターやベースなどがいるからです。

いや、もっといえば、準備してくれる様々なスタッフがいるからです。

メジャーリーガーの大谷くんがアメリカで評価されるのは、年棒にこだわらないでプレーしているからだと思われます。

今年、プロ野球の日本シリーズでMVPを取ったソフトバンクの甲斐拓也選手などは日頃、光が当たりにくいキャッチャーです。

Googleでも「瞑想」が取り入られたように、世界が「陰」の大切さにシフトしていように思います。

 

そういった決して表には出てこない「陰」の部分に光が当たる時代を予感させる良い映画でした。

Amazonプライムで観る↓

ブルーレイor DVDで観る↓
いぬやしき スタンダード・エディションBlu-ray