テネシーウィスキーの代表格であるジャックダニエルの「ライ(RYE)」を飲んでみました。

ジャックダニエルのスタンダードなNo.12といえば、私はバニラ風というかチョコ風な味わいをいつも感じます。

さて、ライはどうなのでしょうか?

Jack Daniel’sのRYEはラベルの説明を読むと、ライ麦70%以上でできているとのこと。

味は一言でいうと、「ピリッと」くる感じです。スパイシーですね。ライウィスキーの特徴ともいえます。

普段のジャックダニエル(No.12)よりは辛味を感じました。若干攻撃的です(笑)。

いつものジャックダニエル風味に飽きた方、ちょっと変わったJack Daniel’sを味わいたい方におススメです。

お値段は私は楽天で購入して4,479円(税込み)でした。もちろん日本未発売なので並行輸入になります。箱付きで買いました。なかなかイカしてます。

ジャックダニエル・ライが世に登場したのはいつか?は調べたところ謎でした。引き続き調査してみます。

Amazonで買うと5,000円以上するところがほとんどですので、楽天の方が安めですね。

↓楽天でさがしてみる

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャックダニエル ライ 1000ml 45度 箱付 並行輸入品
価格:4837円(税込、送料別) (2019/5/1時点)

楽天で購入

 

 

↓Amazonでさがしてみる